あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

日本にも存在した恐怖の毒うなぎ

   

日本の毒ガエルはヒキガエルだけじゃないんです」で書いたんですが、ヒキガエル以外のカエルにも毒があることには驚きました。あのアマガエルが有毒だったとはショックです。

その時に韓国の研究チームがナマズにも毒があるということを発見したことも書いたんですが、実はうなぎにも毒があることが分かったというか、以前から良く知られていたことのようです。(知りませんでした。)

どうやら生き物のヌルヌルには注意した方がいいみたいです。フコイダンとか食べ物のヌルヌル成分は体に良さげなイメージがありましたが、ヌルヌルが全部いいとばかり言えないみたいですね。

うなぎヌルヌルの毒

うなぎの体表の粘液から抽出したものはマウスへの静脈注射では強い毒性が確認されたそうですが、経口(つまり食べること)では毒性は確認されない(今のところかも知れませんので、注意は必要です)そうで、食品衛生上は問題なしとされています。

うなぎの生き血の毒

実はこちらの毒の方が強いんです。

厚生労働省の「自然毒のリスクプロファイル」によりますと、

  • 毒はタンパク質であること以外は良く分かっていません
  • 60℃で5分の加熱で完全に毒性を失うため、食用に問題はありません
  • うなぎの血が粘膜や傷口に付くと炎症が引き起こされます
  • 血が傷口に入ると炎症・化膿・浮腫などが引き起こされることはウナギ調理人の間では有名な話だそうです
  • 生き血を大量に飲んだ場合、下痢、嘔吐、発疹、チアノーゼ、不整脈、麻痺、呼吸困難などが引き起こされて、最悪の場合は死亡する場合もあると言われているそうです

マウスへの経口投与によるLD50(致死率50%に至る量)をひとに換算すると

うなぎの生き血 1000ml(体重60kg)

になるそうです。すっぽんみたいに滋養強壮に効くと言われても1リットルは飲めないのでそれほど神経質になる必要はなさそうです。

ですが、厚生労働省も興味半分にもうなぎの生き血を飲まないようにと注意喚起していますので、少量でも止めましょう。

うなぎの仲間も同じだそうです

あなご(穴子)、はも(鱧)、うつぼ(鱓)など、うなぎ目の魚は同じだそうです。どれも家庭でさばかない魚ですので大丈夫だと思いますが、釣れた魚を自分でさばく場合は手に傷がないことを確認しましょう。できれば、手袋をはめてさばくと安心です。

 - 健康, 危険生物, 屋外, 川と湖, 生活, 育児, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ティートリー
冬のフケとシラミにはティートリーシャンプーが効く
杖
転ばぬ先の杖の耐用年数
銅鍋
緑青は無毒ですが、銅中毒には注意が必要
外国為替
賭博と同じ FX依存症にも治療が必要です
犯罪
求むバウンティハンター 匿名通報ダイヤル
火災
廃棄待ちの電池は絶縁してありますか
アリゲーターガー
名古屋城の外堀でアリゲーターガーが成長中
台風20号(2015)
台風20号 シルバーウィークを直撃か
心臓
スキー教室で事故 12歳女児が死亡 広島県北広島町
呼吸器
エアコンから吹き出す人喰いカビ アスペルギスに要注意
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。