あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

シミの冤罪「それでもわたしは開けてない」

      2019/06/13

本棚から本を取り出すと時々銀色の小さな虫が走り回ることがあります。あれがシミです。漢字では「紙魚」と書き、IMEでも変換されますが、余り知られていません。銀色でくねくね動くので、英語では「silverfish」と呼ばれています。

シミの生態

屋外にも屋内にもいます。屋内では紙や乾物を食べるので軽い食害があります。病気を媒介するという報告はありませんので、害は軽微な食害程度ですが、見た目の気持ち悪さで、初めて見たひとはかなりショックを受けます。

漢字では紙魚と書き、実際に紙も食べます。そのことから、古い書籍や古文書に穴を開ける犯人がシミだと思われがちですが、真犯人は「シバンムシ(death-watch beetle)」という甲虫の幼虫です。シミは見た目通り力がないので、紙や乾物の表面を舐めるように食べます。紙がハゲたみたいになっているのがシミの仕業です。食害自体は非常に軽微なんですが、この「舐めるように」が余計に気持ち悪さを高めてしまいます。哀れなシミ。

ひとへの害

ほんのわずかな食害があるだけで、ほとんど不快害虫です。ですが、気付かないひとも多いので、不快害虫の中でも特に影の薄い虫です。僕の奥さんも結婚して僕が見せるまでは存在を知りませんでした。「あんたのお陰で知らないでいいことを色々知ってしまった」と良く言われます。

でも、もし枕元で逃げていくシミを目にしたらシラミがいたんじゃないかって思ってしまうかも知れません。こどもにも教えておこうと思っているんですが、引っ越し後に全く見なくなってしまい、見せる機会がありません。見たい時にいない、シミらしいです。

生きた化石的存在

昆虫と言えば、体が3つに分かれて、脚は6本、そして羽があると小学校で習いますが、シミには羽がありません。非常に原始的な昆虫だと言われています。

見た目がちょっと気持ち悪いだけで、大した害もありませんので、今度見付けた時にはティッシュでつかんでゴミ箱に捨てないで、ちょっと観察してみませんか?

 - 健康, 生活, 育児

  関連記事

黄色ブドウ球菌
めんちょう(面疔)触るとほんとに死ぬの?

顔におできができると親から「めんちょうは触ると死ぬ」と言われましたが、全く信じる …

ムール貝
ムール貝を食べて記憶喪失

ムール貝と言えば西洋料理で良く使われる貝ですが、実はもう日本の港でも繁殖している …

インフルエンザウイルス
インフルエンザの流行状況

インフルエンザの流行が始まりました 2016年に入り、去年末の異常な暖かさが幻だ …

自撮り中の宇宙飛行士
ペルーでまた観光客が自撮り事故死 今度は滝で

ペルーで自撮りによる事故死が起きていたことが分かりました。 しかも、マチュピチュ …

クラスター爆弾
耐熱ガラス食器はキッチンのクラスター爆弾やー

小さな傷が原因で離ればなれになるのは恋人だけではありません。耐熱ガラス食器はほん …

プール
警視庁の要請を無視 痴漢多発だった東京サマーランド

当初は8人と言われていた被害者は、1名増えて、計9名になりました。捜査や取材が進 …

進入禁止
高速道路で出口のインターチェンジを通り過ぎた時の対処法

高速道路を走っている時に、出口のインターチェンジを通り過ぎてしまったり、手前のイ …

同志社大学
同志社大学の男子学生が塾で暴行

京都・塾と聞くと、2005年12月に起きて日本の教育業界のみならず日本全土に衝撃 …

指紋
初めての一人暮らしの心得 女子編

以前同じ職場で働いていた女子が上京して一人暮らしをすることになりました。社会人生 …

詐欺
ブランド品販売詐欺にご注意ください

友人が詐欺被害にあいました。財布を買おうとネットで検索すると良さそうなサイトが見 …