あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

高カカオチョコレートで金属アレルギー

      2019/06/13

ポリフェノールが多いという宣伝文句に釣られて高カカオチョコレートを買っているひとりです。甘いものに目がないですが、チョコレートに関しては余り甘くない方が好きかもです。お買い得なチョコレートならガーナブラック、高カカオチョコレートはまちまちで、今のところ特に決まった銘柄はないです。

そんな高カカオチョコレート好きにはちょっと気になる情報です。

高カカオチョコレートのニッケルは通常の1.9~3.8倍

カカオはニッケルを含むため、チョコレートはニッケルを多めに含んでいます。高カカオチョコレートはカカオの量が多くなるので、自然とニッケルの含有量も増えてしまいます。

ニッケルアレルギーのあるひとは要注意

ニッケルアレルギーのひとは食べると症状が出ます。症状は、

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 鼻血(チョコレートを食べると鼻血ブーの原因はこれかもですね)
  • 腹痛
  • 痙攣

などいろいろあります。アナフィラキシーショックを起こす場合もありますので、もしニッケルアレルギーと分かっている場合は、高カカオチョコレートは食べない方が安全です。(日本での死亡例もあるそうです。)

ただ、今まで金属アレルギーではなかったひとでも突然アレルギー症状が出てしまう場合がありますので、チョコレートを食べた後に調子が悪くなった場合は病院で診察を受けましょう。

因みに、2月14日が来るとアレルギー症状が出て、チョコレートを手に病院を訪れる男性が増えることから「バレンタイン症候群」と呼ばれているそうです。たくさんチョコレートをもらうひとは大変ですね。僕も一度でいいからそんな心配してみたいもんです。

体調が悪い時やこどもや年配の方は注意して食べましょう

できれば避けた方が安心ですが、あまり神経質になるもの良くないですから注意して適度な量を食べればよいのではないでしょうか。

たかがチョコレート、されどチョコレート。体に良い食べ物ではありますが、適切に食べないといけないです。昔は薬として使われていたチョコレート(今も病院で手術後に摂取を勧められていたりします)ですが、ほんと薬みたいなところがありますね。

 - 健康, 化学物質, 生活, 食中毒, 食品

  関連記事

高齢運転者標識
暴走老人による事故 小4女児が意識不明
横断歩道
94歳が運転するトラックにはねられ90歳が死亡 山田温泉
脳 工事中
慇懃無礼と大人の発達障がい
マシュマロ
3月14日はホワイトデー
甘い誘惑
知らない人からもらったものは食べません
死神
助手席でしかも膝の上は彼岸への特等席
トレッキング
トレッキングや登山には化繊かウールのシャツを着ましょう
トリプル台風9号、10号、11号にご注意ください
ピラミッド
組み体操へ高さ制限の即刻導入を
ヒスチジン
ヒスタミンの元のヒスチジンにはダイエット効果があります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。