あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

チョコレートアレルギー

      2019/06/13

バレンタインデーにチョコレートをもらえないことでチョコレートを見るのも嫌になってしまう「中2病」的なものではないです。

犬にとってのテオブロミンみたいな物質がチョコレートには含まれています。

チョコレートにはチラミンが含まれています

チラミンは血管を収縮させる作用があり、血圧が上昇して片頭痛発作の原因になるそうです。心拍数を上昇させる作用もあります。また、チラミンは血管浮腫を生じさせる恐れがあるため、唇やまぶたに浮腫ができたり、腸管内に浮腫ができて消化器症状がでることもあるそうです。最悪のケースでは、気道内に浮腫ができてしまい、呼吸困難を起こして死に至る場合もあるそうです。チョコレートを食べた後に息苦しさを感じたら至急病院へ行きましょう。

バレンタインデーの贈り物として適切だったのでしょうか?

適量であれば問題はないようです

体質、年齢、体重などなど、さまざまな要素が絡みますが、おおむね大量に食べなければ大丈夫みたいです。

チラミンはチョコレートの他にも

  • チーズ
  • ピクルス
  • ピーナツバター
  • ワイン

に多く含まれていますので、同時に摂取して自分の許容量を超えてしまわないように注意が必要です。

美しいものには棘があり、美味しいものには毒がある。チョコレートは底なしの僕ですが、今後は節度をもって楽しみたいと思います。

 - 健康, 化学物質, 生活, 育児, 食中毒, 食品

  関連記事

マシュマロ
3月14日はホワイトデー
タイの過積載トラック
軽トラックの荷台に乗った男性が投げ出され死傷する事故
日産 今までなかったワクワクを。
犠牲者を無くせ #熱駐症 ゼロプロジェクト by NISSAN
お弁当
腐敗した弁当の正しい処理方法
脳 工事中
慇懃無礼と大人の発達障がい
脳のMRI
原三信病院へのプリウス突入事故の原因
スパムコメント禁止
i.softbank.jpから来る迷惑メールへの対応 第二回
大麻
大阪府富田林市楠風台の組織的な大麻工場が摘発
高齢運転者標識
93歳がひき逃げ 超高齢化社会の闇
津波注意
津波の可能性 チリでM8.3の地震
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。