あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

マツヘリカメムシ侵入事件

      2019/06/12

我が家には何種類かのクモも同居しています。

虫大嫌いの妻子にクモが如何に役に立つ益虫なのかを説明し、何とか同居の許可を得ました。

ふと見るとクモらしきものが見えたので、指で避けてやろうとしたら、なんとカメムシ。

触れなくて良かった。

図鑑に載っていないマツヘリカメムシ

色々探しましたが、図鑑に載ってません。

サシガメ

頑張って色々調べると判明。

マツヘリカメムシ(Leptoglossus occidentalis )

From USA

そうです。外来種なんです。

そして。その名の通り松の害虫。

日本では2008年に東京で確認して以来、首都圏だけではなく全国へ広がってきているようです。

無駄な殺生はしないと決めていますが、このマツヘリカメムシは殺処分しました。

そう言えば、近くの山では松の木の立ち枯れが深刻です

実は近くの山で松の木が立ち枯れしています。

ずっと松くい虫(マツノザイセンチュウ)だけが原因だと思っていましたが、もしかしたら既にマツヘリカメムシも結構増えているのかも知れません。

そう言えば、家の周辺では妙にカミキリムシが多くいるんですが、その原因も今回分かりました。

松くい虫(マツノザイセンチュウ)はマツノマダラカミキリが媒介しているんだそうです。

ガッテン!

マツヘリカメムシとマツノマダラカミキリを近所で見かけたら、周辺の松の木は大変な事態になっているかも知れません。

庭木に松がある場合は、薬剤散布など、対策を検討ください。

 - 危険生物, 学校等, 安全, 小中高, 生活, 育児

  関連記事

咽頭
嚥下力(えんげりょく)下がっていませんか
タバコ
たばこポイ捨て注意で小学生の首を絞める
電話
相談電話「189」
横断歩道
94歳が運転するトラックにはねられ90歳が死亡 山田温泉
バイオハザード
チャドクガの毒針は「庭の生物兵器」
実家が土石流危険地域のど真ん中
ウールマーク
WEAR VEGAN ウールも見直す時期かも知れません
スズメバチ
スズメバチ 日本最恐の毒虫
シートベルト着用
軽井沢バス転落事故 食い違う業者のコメント
児童虐待
児童虐待通報電話「189(いち早く)」がスタート
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。