あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

アジサイ(紫陽花)の葉には毒があります

      2019/06/13

アジサイ(紫陽花)は花はもちろん葉も美しい植物です。梅雨の時期はジメジメして好きではないのですが、アジサイ(紫陽花)があるおかげで少し心待ちにしているところもあります。

料理の飾りのアジサイ(紫陽花)の葉で食中毒

料理に季節感を出すためにアジサイ(紫陽花)の葉が添えられることがあるそうですが、その葉を食べてしまって食中毒を起こす場合があるそうです。固そうなので僕は食べないと思いますが、この辺りは個人差があるので、やはり毒があるものは料理と一緒に出さない方がいいでしょうね。見ようによっては紫蘇の葉に似ていなくもないですし。

有毒で有名な水仙を飾りで出している場合もあるそうです。食事も気が抜けません。

アジサイ(紫陽花)にはどんな毒

アジサイ(紫陽花)には青酸配糖体が含まれていて、それが毒であると考えられてきましたが、近年そうではないらしい事が判明したそうです。

ただ、実際のところはどんな毒が中毒の原因なのかよく分からないそうです。植物が虫から食べられるのを防ぐためのアルカロイドの一種「フェブリフギン(febrifugine)」が毒の正体ではないかと現在は考えられているみたいです。

期待の新星「フェブリフギン(febrifugine)」

料理の世界では悪い意味で注目されてしまったアジサイ(紫陽花)ですが、は古来より中国でマラリア治療薬として用いられていて、今後はアジサイ(紫陽花)の「フェブリフギン(febrifugine)」が新しい抗マラリア薬開発の足掛かりになるものとして期待されているそうです。更に膠原病などの自己免疫疾患にも効く可能性があるそうで、今期待の物質なんです。

ほんと毒と薬は紙一重なんですね。

 - 健康, 化学物質, 生活, 食中毒, 食品

  関連記事

落胆する男
ブラックパーソン
安全第一
フジッコが商品約60万個回収 続く商品回収
うさぎ
ウサギの気持ち
眼の保護
ミラーレス車の隠れた問題点  老眼は要注意
AI(人工知能)
一括無料見積もりは得なのか
たつの市
龍野高校部活動訴訟 こどもは学校に殺される
無停電電源装置
旬のナス(NAS)にはUPSが合います
高温注意
電子体温計は電池が切れたら文鎮にもなりません
ダメね
1歳児に喫煙させたバカップル 暴力行為等処罰法違反で書類送検
「富士山麓のきれいな水」 発がん性物質混入で746万本回収
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。