あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

靴と畳は新しい方がいい

      2019/06/13

廃盤になったニューバランスやナイキのスニーカーは魅力的で、中古でも状態のいいものがあったら惹かれます。(たいていは心を折るような値段がついています。)

USED品を使うのは、資源保護や環境保護の点からもいいことなんですが、靴は少々注意が必要です。

足首・膝・股関節を故障する恐れあり

中古の靴は元の所有者の癖がついています。ソールの減りはもちろん、ソール以外の部分にも癖はついています。それを別のひとが履けば、足は本来と異なる方向に傾いてしまいます。

最初は疲れや筋肉の張り程度しか感じませんが、長く履いているうちに足首・膝・股関節の軟骨を異常に摩耗させることになり、最終的には手術が必要な事態になることさえあります。

自分の靴でも要注意

自分の靴は自分の足の癖しかついていないのですが、長く履く時は注意が必要です。

靴のソールは足の癖によって減る部分が違ってきます。内側に傾いている時は内側が減りますし、外側の時はその反対です。その減りが進行するに従い、擦り減りが大きくなったことで足の傾きが増してしまい、それが更にソールの片減りを助長するという悪循環に陥ります。

対策

ある程度減ったら靴を買い替えるか、ソールが交換できるものは交換しましょう。また、片減りは骨格が歪んでいるサインです。もし既に足首、膝、股関節に不調を感じている場合は、足に強い整形外科、またはカイロプラクティックで相談してみましょう。

 - グッズ, 健康, 生活, 育児

  関連記事

無停電電源装置
旬のナス(NAS)にはUPSが合います
塩
学校給食で塩ご飯
横断歩道
94歳が運転するトラックにはねられ90歳が死亡 山田温泉
鍋料理(スキヤキ)
有毒注意 エノキタケの生食は止めましょう
駐車場
駐車場で寝ていた高2がひかれる事故
MINDS UNDER CONSTRUCTION
岩手県四十四田ダムで女子高生2人が飛び降り
アレルギー性疾患の病院を探す最強方法
日本防災士会
防災士になりませんか
鶏卵
離乳期の早期に卵を摂取すると卵アレルギー発症を予防
バスルーム
浴室の赤いヌルヌル
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。