あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

3月14日はホワイトデー

   

バレンタインデーは、メリーチョコレートカムパニーが考案して、1958年ころから流行したと言われ、それに乗っかろうと1973年に不二家とエイワが協力し、チョコレートのお返しにキャンディやマシュマロを贈ろうと「メルシーバレンタイン」キャンペーンを開催したことがホワイトデー起源だと言われています。

いずれにしても、製菓業界にまんまと乗せられてしまいました。

バレンタインデーとホワイトデーの強迫観念化が怖い

昔々はバレンタインデーは女子からの告白が許された日という意味合いもありましたが、SNSがこうも普及した今日ではその要素はほぼゼロになってしまいました。

でも、一年に一度、好きな人にチョコなどのプレゼントを選んだり、そのお返しを考えたりするのは悪い習慣ではないと思います。(小学生の頃、何十人もの女子に追いかけられて校庭を逃げる男子を横目にバレンタインデーを恨んだこともありましたが、今となってはそれも遠き日のいい思い出です。)

ですが、業界やメディアの煽りのせいで、バレンタインデー、ホワイトデー商戦はとんでもない状態になっています。

スーパーはまだしも、この時期はデパートへ行く気が失せます。そこら中が関連グッズで埋め尽くされ、しかも凄い人出。(でも、結局は買い出しの奥さんに連れ出されるので行かざるを得ません。)

そんなデパートでぼーっと眺めていると、女性たちの目が

好きな人のためにチョコを選んでいる

というハート型じゃなくて、鷹のような目になっていて、怖くなります。

義務感に駆られ、追い立てられるようにして大量にチョコを選び、両手に大きな紙袋をさげて帰って行きます。

正常ではありません。

義理チョコ、友チョコとチョコを送る相手が増えるごとに負担は増していくので、目もハート型ではいられないのも分かります。

今年から少し自重しようかとか思っても、人間関係を崩したくないという恐怖感からせいぜい前年キープ、でも年を重ねるごとにお世話になった人が増えていくので、ほとんどの人は負担が増していくばかりです。

ここらで義理チョコ、友チョコは止めませんか

一旦、全ての義理チョコ、友チョコを止めてしまってはどうかと思います。

バレンタインデーも、ホワイトデーも、特別な人(恋人・配偶者・親子など)にチョコ(何でもいいですが)を買っていき、一緒に過ごす日にする方がいいのではないでしょうか。

ちょうどクリスマスケーキのような感じでしょうか。

クリスマスケーキやフライドチキンなどの大量消費にも賛否両論ありますが、それでも今のバレンタインデーとホワイトデーよりもかなりマシです。

クリスマスの時期にパリからパティシエ・パティシエールは来ませんから。

でも、ホワイトデーにはショコラティエがわざわざ訪日します。如何にビッグビジネスになってしまっているかが分かります。

経済が活性化するのは悪くはありませんが、凄く偏った消費が起きるので、負のインパクトも大きくなってしまいます。膨大な量の包装紙がゴミとなり、物流にも大きな負荷がかかります。

バレンタインデーもホワイトデーも、クリスマスケーキを一緒に食べる程度の距離感の人にチョコなどを送り送られする日にして、それ以外に一緒に食事に行ったり、映画を見に行ったり、旅行に行ったり、共に過ごす日にした方がバランスよく経済が活性化するのではないでしょうか。

今のバレンタインデーとホワイトデーは、

  1. 情報収集
  2. デパート、スーパーなどで仕入れ
  3. 配布
  4. 回収(ホワイトデー)

と、まったくの「仕事」になってしまってます。

女性にも、男性にも、かなりの負担になってしまっていますので、何とかならないものでしょうか。

 - 大学等, 学校等, 小中高, 生活, 育児, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

覗き窓
ドアの覗き窓からの逆覗きに注意しましょう
ガス注意
ガスパン遊びは超危険 一呼吸で命を落とす危険性があります
粉じん
着色コーンスターチなどによる粉じん爆発問題
電気柵
電気柵 全国7090ヵ所が違法の疑い
タイの過積載トラック
軽トラックの荷台に乗った男性が投げ出され死傷する事故
カキ
ノロウイルスの感染は、人が先かカキが先か?
なわとび
なわとびで眼に重傷を負うリスク
塩
学校給食で塩ご飯
餅
お餅を喉に詰まらせて救急搬送される前にすべきこと
中毒・依存性
「金のミルク」依存症になった義母
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。