あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

ちょっと待って 5秒ルールは無効かも

   

食べ物を落としても5秒以内ならセーフっていう「5秒ルール」ですが、日本だけだと思っていました。

海外にもあった5秒ルール

この前、ひかりTVで「LICENSE TO WED」を視ていた時のこと。

LICENSE TO WED @amazon.co.jp

男性が床に落ちたポテトを「5 seconds rule」と言って食べ出すシーンがありました。

まさに日本でもやる「あれ」でした。

日本だけの慣習(?)だと思っていましたが、実は海外でもありました。

ただ、日本初や偶然の一致ではなく、日本でも「5秒ルール」と言っているところからすると、昔々に輸入された慣習なのかも知れません。

上は映画「INSIDE OUT(邦題:インサイド・ヘッド)」から。

5秒位内であっても細菌は付きます

「5秒ルール」と言っているこどもも本当にバイ菌が付いていないと思っている訳ではなく、

  • 場を盛り上げる
  • 落ちた食べ物を食べるための口実作り

なだけで、本気でバイ菌が付いていないと思っているわけではない事が多いと思います。

余り好きではない食べ物(例:野菜)には「5秒ルール」が適用されないことからも分かります。

アメリカの高校生Jillian Clarkeさんが5秒ルールを研究して、2004年にイグ・ノーベル賞を受賞しています。

それによっても、よらなくても、食べ物を落として5秒以内であっても細菌に汚染され、付着した菌の種類によっては食中毒を起こす恐れがあります。

全ては

  • 落ちた場所の状態(菌の存在)
  • 食べ物の表面の状態
  • 食べた人の状態(免疫の状態)

などによるでしょう。

「洗えば大丈夫」って本当でしょうか

「5秒ルール」がまやかしであることを知っている「大人」でも、魔法の呪文

洗えば大丈夫

を唱えて、食べてしまうことがあります。

これは大丈夫なのでしょうか?

これも、

  • 落ちた場所の状態(菌の存在)
  • 食べ物の表面の状態
  • 食べた人の状態(免疫の状態)

などによると思います。

クッキーは洗うと逆に染み込んでしまう恐れがありますし、キャンディーなどは落ちた衝撃で菌を含んだ異物が深くめり込んでしまうと、表面を洗っただけでは菌が落ち切らない可能性もあります。

落ちた食べ物を食べる際の

洗えば大丈夫

も面白い研究課題かも知れません。

 - 保育園・幼稚園, 健康, 大学等, 学校等, 安全, 小中高, 生活, 育児, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

メガソーラー
台風15号でソーラーパネルの弱点露呈
トヨタ
トヨタの再リコール タカタショックで161万台
Insecam
高齢者ホームの見守りカメラが公開されています Insecam
注意
北海道不明男児 185人態勢でローラー作戦
実家が土石流危険地域のど真ん中
キング牧師
浦和レッズ高校生サポーターがツイッターに人種差別投稿
目の紫外線対策
こどもの目こそサングラスで保護しましょう
眼
眼の粘膜からインフルエンザウイルスに感染するのか問題
横断歩道
94歳が運転するトラックにはねられ90歳が死亡 山田温泉
Insecam
お寺の防犯カメラ映像が公開されています Insecam
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。