あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

マツヘリカメムシ侵入事件

      2019/06/12

我が家には何種類かのクモも同居しています。

虫大嫌いの妻子にクモが如何に役に立つ益虫なのかを説明し、何とか同居の許可を得ました。

ふと見るとクモらしきものが見えたので、指で避けてやろうとしたら、なんとカメムシ。

触れなくて良かった。

図鑑に載っていないマツヘリカメムシ

色々探しましたが、図鑑に載ってません。

サシガメ

頑張って色々調べると判明。

マツヘリカメムシ(Leptoglossus occidentalis )

From USA

そうです。外来種なんです。

そして。その名の通り松の害虫。

日本では2008年に東京で確認して以来、首都圏だけではなく全国へ広がってきているようです。

無駄な殺生はしないと決めていますが、このマツヘリカメムシは殺処分しました。

そう言えば、近くの山では松の木の立ち枯れが深刻です

実は近くの山で松の木が立ち枯れしています。

ずっと松くい虫(マツノザイセンチュウ)だけが原因だと思っていましたが、もしかしたら既にマツヘリカメムシも結構増えているのかも知れません。

そう言えば、家の周辺では妙にカミキリムシが多くいるんですが、その原因も今回分かりました。

松くい虫(マツノザイセンチュウ)はマツノマダラカミキリが媒介しているんだそうです。

ガッテン!

マツヘリカメムシとマツノマダラカミキリを近所で見かけたら、周辺の松の木は大変な事態になっているかも知れません。

庭木に松がある場合は、薬剤散布など、対策を検討ください。

 - 危険生物, 学校等, 安全, 小中高, 生活, 育児

  関連記事

ホッキョクグマ
ビタミンA中毒 妊娠中は魚の肝を避けましょう
渇き
水をがぶ飲みすると起きる脱水症とは何でしょう
一眼用レンズ
浴室タイルと洗濯槽だけじゃない レンズのカビにも要注意
鯉のリスク
鯉の洗いには毒と寄生虫のリスクあり
破傷風菌
破傷風菌 芽胞による長期潜伏に要注意
ミスト
レジオネラ菌もまき散らす超音波ミスト発生器
スカルアンドボーンズ
ハッキングの試みがあった形跡を検出 Windows7
dollar coin
小さいこどもがトイレの中から鍵を掛けてしまったら
スパムコメント禁止
まおちゃんからの迷惑LINEメッセージに注意してください
外耳道
新耳糞清浄論
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。