あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

奈良のシカ せんべいあげて ダニもらう

      2019/06/13

奈良公園での楽しみはやっぱりシカと戯れることですよね。鹿せんべい買って、普通にあげたり、ポッキーゲーム的な鹿せんべいゲームしたり、シカに追いかけられたり、色々楽しめます。大仏も神社仏閣も興味はありますが、やっぱり奈良に行ったらシカは外せません。でも、そんなシカに大きな問題があることを知っていますか?

奈良のシカ、ダニだらけ問題

奈良のシカは公園にいるので飼われているシカかと思ってしまいますが、実は野生のシカです。山への行き来も自由です。そして、その山でマダニをもらってきてしまいます。

普段、それ程大きな群れを作らないシカですが、奈良では群れではなくても密度が高いため、群れています。その群れの中でマダニが繁殖してしまい、シカはマダニまみれになっています。

「ダニなんているの?」って人、目の周りや耳の内側をみてください。パッと見はイボ?って思える黒い粒は全てマダニです。吸血してパンパンに膨れているので、頭や脚は見えません。もっと近づいて良く見ると、遊離した小さなダニが毛の上をゴソゴソしているのも見られます。

通常ダニの子は木や草の高いところに登って、獲物の熱を感知すると落下して、獲物に寄生します。しかし、奈良のダニは木などから落下するのではなく、シカの毛皮経由で感染を広げています。不用意にシカに触るとダニをもらう可能性が大です。マダニに刺されると「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染する恐れがありますので、絶対に刺されることを避けましょう。

鹿せんべいをあげる時は距離をとりましょう

チキンゲームみたいに男子は「俺はこんなに近づけた!」みたいに競い合ってしまいますが、止めた方が安全です。鹿せんべいは距離をあけて、シカに触らないように、そして触られないようにあげましょう。

持っている鹿せんべい(ストック)を見られていけません。シカにあげる分を右手に、残りを左手に持つ場合は、決して左手を見られてなりません。その残りを見られるとシカに襲われます。シカも咬むことはありますが、人に慣れた奈良公園のシカは人の扱いにも慣れていますので、無茶な事はあまりしません。ですが、頭をこすり付けたり、バッグに頭を入れたり、色々濃いスキンシップをしてきます。動物好きにはたまらないのですが、ダニ嫌いにもたまらないです。ダニに寄生されてシカ自体を嫌いになってしまわないように、シカとの距離は適切に保ちましょう。

芝生はマダニの地雷原

奈良公園には気持ちのいい芝生の広場があります。シカを眺めながらお弁当を食べたくなりますが、その芝生にはダニの子が散らばっています。ダニは空腹にも強く、また踏まれた位では死にません。ひたすら寄生できる獲物が来るのを待っています。

芝生には座らず、ベンチなどを探して座りましょう。

帰宅後のケア

万が一、既にシカと戯れてしまった場合、または今まさに戯れている場合、帰宅後にやらなければならないことがあります。

  • 着ていた服は風呂場で脱ぎ、ダニがいないかチェックしましょう
  • 持ち物(リュック、バッグ、帽子など)にもダニが付いていないかチェックしましょう
  • 体にダニが吸着していないかチェックしましょう(髪の中、脇、股、耳の後ろなどに注意)
  • 脱いだ服は直ぐに洗濯しましょう(すぐにできない場合はビニール袋に入れて口を縛る)

以上を必ず実施してください。

万が一、ダニの吸着が見られる場合は、速やかに皮膚科を受診し、ダニの除去と必要な診察を受けてください。無理に引きちぎるとダニの一部が体内に残って炎症を起こします。必ず皮膚科を受診してください。(僕も小学生の頃、股に数匹ついて、引きちぎったところ、炎症に2ヶ月位苦しみました)

 - 健康, 動物, 危険生物, 学校等, 小中高, 生活, 病原菌, 育児

  関連記事

オドメーター(総走行距離計)
二重車検による中古車の走行距離詐欺に注意しましょう

オドメーター(走行距離計)を特殊な機器で改竄し、中古車の走行距離を戻してネットオ …

愛
死んでしまいたいほど辛くて、自殺を考えている君へ

新年に入ってこども達の自殺のニュースが続いています。愛知県、三重県、そして大阪府 …

アシダカグモ
部屋の中にクモがいたらどうしますか

見た瞬間に叩き潰してしまう方もいるかも知れませんが、クモこそ益虫の中の益虫です。 …

トレッキングシューズ
久しぶりの登山やトレッキング前には靴のテストが必須です

毎日雨ばかりでうんざりですが、もう少しで夏到来。登山やトレッキングの予定を立てて …

ポリフェノールは毒にもなります

いつの間にかポリフェノールと言えば「体にいい」というイメージが出来上がって、「ポ …

高齢運転者標識
福岡市博多区の原三信病院にプリウスタクシーが突入した死傷事故を防ぐには STOPペダル

一部で「64歳が高齢者なのか」という議論も起きていますが、議論の価値はないと思い …

電気柵
シカよりも人間を感電死させる殺人電気柵

静岡県西伊豆町で7人が死傷した事故で、感電した電気柵は設置した男性(79歳)の自 …

応急処置
応急処置 こどもの髪にシラミがいた

応急処置 その1 先ずは親が落ち着いて、こどもの心のケアをしましょう。 シラミが …

JINSロゴ
こどものメガネはJINSで予備を作っておきましょう

2050年には世界人口の半分が近視になるというショッキングな記事を読みました。屋 …

スマホ
スマホで金属アレルギー

金属アレルギーと言えば、ピアスなどのアクセサリーが原因だと思われがちですが、金属 …