あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

シャラポア選手は筆舌に尽くしがたいほど無思慮なのか

   

3月8日、シャラポア選手がドーピングテストにおいて禁止薬物「メルドニウム(Meldonium)」が陽性であったことに関する記者会見を行ったことに対して、WADA世界反ドーピング機関の元会長リチャード・パウンド氏(Richard Pound)がBBCインタビューに対して、

”reckless beyond description” 筆舌に尽くしがたく無思慮

であるとコメントしました。(※BBCの記事

シャラポア選手が「筆舌に尽くしがたく無思慮」と言われる理由

WADAの元会長リチャード・パウンド氏(Richard Pound)によれば、

  • 3000万ドルのビッグビジネスを担っている
  • 禁止物質のリストが更新されたというメールを受信したものの、添付ファイルの確認を怠った
  • リストの更新は常にあり得ることで、発効の3ヶ月前に当たる2015年9月30日には通知が送られているはずで、メルドニウム(Meldonium)を止める時間的猶予は十分にあった
  • 医療チームがいながらメルドニウム(Meldonium)がリストに追加されたことへの対応を怠った

そうです。

これを読むと、悪意はないにせよ、無思慮と言われても仕方がないかも知れません。

メルドニウム(Meldonium)をパフォーマンス強化に使用していた選手は多い

リチャード・パウンド氏(Richard Pound)によれば、殆どの禁止薬物は元々医療用に作られたもので、その副次効果に注目して、長期に渡って使用されていることに問題があるそうです。

そして、今回シャラポア選手が使用を指摘されたメルドニウム(Meldonium)も

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 慢性心不全
  • 急性虚血性脳卒中

などの治療に使用される反面、副次効果としてのパフォーマンス向上を期待して長期間使用されている問題が指摘されていたため、今回リストに追加されたそうです。

今後はシャラポア選手が

  • 医療目的でメルドニウム(Meldonium)を使用
  • 医師の判断による処方で、選手自身には責任はない

ことを主張して、処分の軽減を求めるという流れになると思いますが、出場停止期間は4年と言われていますので、半減されたとしても2年。これでもシャラポア選手が思い描いていた引退に関する構想は崩れ去りました。

しかも、もし出場停止期間が半減された場合、WADAが処分軽減措置の撤回を求めてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴する可能性があることをリチャード・パウンド氏(Richard Pound)が示唆しています。

セリーナ・ウイリアムズ選手などがシャラポア選手を応援するコメントを出していますが、思った以上に深刻なケースになっています。WADAが反ドーピングにブーストをかけるためにこのケースを利用する意図が見え見えですが、もし本当に医療目的で使用していることが証明された場合は、それなりの軽減措置を取って頂きたいものです。

ただ、パフォーマンス向上のために10年に渡って使用していた場合は、メールの添付ファイルを見落としたうっかりミスで、輝かしいキャリアや年3000万ドルというビッグビジネスが一瞬で吹き飛んでしまったとしてもやむ無しです。

今後の進展を見守ります。

 - スポーツ, 健康, 化学物質, 大学等, 学校等, 安全, 生活, 育児,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

チョコレート中毒
犬がチョコレートを食べられない理由
夢湖観光
再び観光バスの事故 環8で信号機に衝突
ユニクロ
進化したユニクロウォームイージーストレッチスリムフィットパンツ
甘茶
甘茶(あまちゃ)を飲んだこどもが食中毒
ミツバチ
ミツバチを殺さないで 高田馬場で大量駆除事案
パン
人気パン屋のトイレが危険
犯罪者
大阪府高槻市 中1殺害遺棄事件で思うこと
深海魚
異常脂質の深海魚に注意しましょう
バトラー
IMEのユーザー辞書を教育しませんか
犯罪
朝霞市中学生女子拉致監禁事件について思うこと
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。