あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

散骨と死体遺棄

   

先日ニュースを聞いていて「ん?」と思う事件がありました。

東京都練馬区のスーパーのトイレに、「憎んでいた」との理由で火葬した妻の遺骨を捨てた男性が死体遺棄容疑で書類送検されたそうです。火葬後の遺骨なのに「死体遺棄」容疑なことに違和感を感じました。

死体遺棄とは

亡くなった人の体やその一部を遺棄(保護義務を怠ること)することです。「その一部」も含まれるため、仮に葬儀が終わった後の遺骨であっても、習俗上の埋葬とは認められない方法で放置したり、廃棄したりすることは死体遺棄とみなされます。

憎しみからトイレに捨てても、特別な理由もなく不燃ゴミで出しても、共に死体遺棄に当たります。

散骨はいけないこと(違法)なの?

このニュースを聞いて、先ず最初に思ったのが「散骨」です。未だ経験はありませんが、自分の遺骨はどこかにまいて欲しいと思っていますし、家族にも言っています。でも、間違った方法で散骨した家族が書類送検されては困ります。

でも、大丈夫でした。法律で規定はされていませんが、

葬送の祭祀として節度を持って行われる場合は問題ない

とのことです。

散骨は好きに行ってもいいの?

法律で定められていませんが「節度を持って行われる場合」という言葉が効いています。非常に幅が広いので、いい加減なことはできません。

  • 場所や方法は、遺族全体や散骨を行う場所の近隣住民の宗教的感情を配慮しなければならない
  • 節度のある儀式としなければならない
  • 海上で行う場合は、漁船やその他の船の往来を邪魔しないこと
  • 他人の土地で散骨をしない、もしくは許可を取ってから行うこと
  • 環境汚染とならないように配慮すること
  • そのままの形では撒かず、2~3mmの粉末にしたものを撒くこと
  • 自治体によっては制限がある場合があるので、事前に確認を行うこと

お墓に縛られたくないから散骨がいいかなと思ったんですが、却ってややこしいのではと心配です。残った家族に一番負担の掛からない方法にしてもらえたら何でもいいです。

大切なひとを亡くした後に考える余裕もないかも知れませんので、生きているうちに葬儀会社にこの辺りも確認した上で家族に依頼した方がいいかも知れないと思ってます。

 - 安全, 生活, 育児, 防犯

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イルカのヒレ
千葉県の海でもサメ目撃情報
豆腐
京の名水 井戸水使った豆腐は大丈夫?
偽Apple
脱獄iPhoneは偽物? 販売で逮捕者
e-Tax
税務署からのお知らせ(◯◯ ◯◯様)【還付金の処理状況に関するお知らせ】
第三の洗剤
第三の洗剤 こども以外も注意が必要です
ゴミ箱
こどもの拾い食いにも注意しましょう
ドクアマガエル
日本の毒ガエルはヒキガエルだけじゃないんです
猫
猫派だけじゃなく犬派も要注意「猫ひっかき病」
治療室
昏睡状態でも意識があるかも知れません
トラッキング対策してますか
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。