あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

チョコレートアレルギー

   

バレンタインデーにチョコレートをもらえないことでチョコレートを見るのも嫌になってしまう「中2病」的なものではないです。

犬にとってのテオブロミンみたいな物質がチョコレートには含まれています。

チョコレートにはチラミンが含まれています

チラミンは血管を収縮させる作用があり、血圧が上昇して片頭痛発作の原因になるそうです。心拍数を上昇させる作用もあります。また、チラミンは血管浮腫を生じさせる恐れがあるため、唇やまぶたに浮腫ができたり、腸管内に浮腫ができて消化器症状がでることもあるそうです。最悪のケースでは、気道内に浮腫ができてしまい、呼吸困難を起こして死に至る場合もあるそうです。チョコレートを食べた後に息苦しさを感じたら至急病院へ行きましょう。

バレンタインデーの贈り物として適切だったのでしょうか?

適量であれば問題はないようです

体質、年齢、体重などなど、さまざまな要素が絡みますが、おおむね大量に食べなければ大丈夫みたいです。

チラミンはチョコレートの他にも

  • チーズ
  • ピクルス
  • ピーナツバター
  • ワイン

に多く含まれていますので、同時に摂取して自分の許容量を超えてしまわないように注意が必要です。

美しいものには棘があり、美味しいものには毒がある。チョコレートは底なしの僕ですが、今後は節度をもって楽しみたいと思います。

 - 健康, 化学物質, 生活, 育児, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

NOスパム
スパムメール「2016/04/02 13:13:メッセージあり」
ドラッグ
神奈川県の危険ドラッグ啓発動画でも十分伝わらない本当の恐怖
意識喪失
運転中の意識喪失で死亡事故を起こした女性が無罪
大谷石の像
超危険 倒壊する大谷石塀には近づくな
イボガエル
冤罪事件「イボガエルを触ってイボができた」
爆発注意
Nexus5が今熱い
胃
胃がんは感染する ヘリコバクター・ピロリにご注意を
緊急地震速報 なまず
緊急地震速報 三重県南東沖でマグニチュード6.1の地震
バスルーム
浴室の赤いヌルヌル
トライアンフ
トライアンフ横浜北 顧客の車両を預かったまま代表が消息不明
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。