あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

庭のホースから出た熱湯で火傷

   

アメリカのアリゾナ州で起きた事故ですが、他人事ではなく、背筋が寒くなりました。

庭のホースから熱湯が出て乳児が大やけど

アメリカのアリゾナ州San Tan Valleyに住むDominique Woodgerさんは、庭で水遊びをさせようと、生後9ヶ月になる息子をこども用のビニールプールに座らせて、水を溜める準備をしていました。

庭の散水用ホースを引いて来て、息子に水を掛けたところ、息子がひどく泣きましたが、顔に水がかかるのが嫌なのだろうと余り気にも留めませんでした。

しかし、余りにも酷く泣く上に、水がかかった部分がみるみる赤くなっていくのを見て、漸く異常に気付きました。

折しも、アメリカは例年にない猛暑。

カリフォルニア州やアリゾナ州では、記録的な猛暑に見舞われています。

今週の月曜日には、カリフォルニア州のDeath Valley(まさに「死の谷」!)で52.2度という信じがたい気温を記録しています。

アリゾナ州San Tan Valleyでも、6月に117°F(47.2℃)を記録したことがあります。

そんな猛暑が続く中、Dominique Woodgerさんの家の庭にあった散水用ホースの中の水も日光に当たって高温になってしまい、その水(熱湯)を浴びせ掛けられた生後9ヶ月の息子は、

全身の1/3に2度の熱傷

を負ってしまいました。

乳幼児は皮膚が薄いため、大人よりも低い温度で熱傷を負います

Burn Fundationは、

Tap water above 120°F can cause a 3rd degree burn in 5 seconds.

水道の蛇口から出る120°F(48.9℃)の水(お湯)は5秒で3 度の熱傷を引き起こします。

と注意喚起しています。

仮に気温が115°Fになった場合、散水ホースの中の水が日光で熱せられると150°F(65.6°F)に達する可能性があると言われています。

事故のあった日の気温は不明ですが、恐らく100~110°F程度だったと思われますので、ホースの中の水が120°F(48.9℃)近くになっていた可能性があります。

大人でも熱傷を起こす恐れがあります。

庭にある散水用のホースの水を水遊びに使う場合は必ず大人が温度を確認しましょう

日本もこれから水遊びシーズンに入ります。

庭に置いたビニールプールでこども達が水遊びをするお宅も少なくないでしょう。

ビニールプールでも溺れないように十分に注意されていると思いますが、ホースから熱湯が出るなんて思っている人は余りいないのではないでしょうか。

水遊びは曇った日よりも晴れて凄く暑い日にすることが多いと思いますので、熱傷を負うリスクが高くなります。

猛暑の日に涼を得ようとホースの水を掛けた途端に火傷を負うなんてことが起きないように、水遊びをする際には、必ず大人がホースから出る水の温度を確認してから、こどもに使わせるようにしましょう。

また、ホースは学校などでも使う機会があるかも知れません。

この機会に、ホースの中の水が火傷をするほどに熱くなっている恐れがあることをこどもに説明して、こども自身も注意することができるようにしたいものですね。

 - 保育園・幼稚園, 健康, 学校等, 安全, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ノロウイルス
ブルガリ銀座でノロウイルスによる集団食中毒
ストップ
梅田乗用車暴走事故を防ぐには
応急処置
応急処置 こどもがアルカリ乾電池を飲んでしまった
紙袋
ショップバッグが凶器になる こどもの怪我にご注意を
ストップ
重過失致死 イヤホンで音楽を聴きながらの自転車運転で死亡事故
ペットとのキス
ペットとのキスは危険な香り
ドミノ・ピザ
世界初 自動運転ピザデリバリーロボット DRU
目の紫外線対策
こどもの目こそサングラスで保護しましょう
磯遊びと潮干狩りには携帯電話・スマホを身につけてください
浴室
バスチェアの裏も掃除してますか?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。