あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

浴室の赤いヌルヌル

      2015/05/23

赤いツブツブの話に続き、今回は赤いヌルヌルです。

浴室の赤いヌルヌルの犯人はロドトルラ(Rhodotorula)というカロテノイドを産生する赤色酵母の一種です。赤カビではありません。菌がひとつでもあると、約1週間で数十億まで増える驚異の増殖力。どうりで直ぐに色々なところが赤くなるわけです。

ロドトルラはエタノールに弱い

かなりの下戸みたいで、エタノールを含ませたペーパータオルをたった10秒当てるだけで死滅します。ゴシゴシこするのに苦労した方もこれで安心です。

残念なお知らせ「どこにでもいます」

エタノールを使って頑張って掃除しても、気が付くとまた赤いヌルヌルが。なぜ?

それはロドトルラがどこにでもいる菌だからです。土壌、水道水、牛乳、フルーツジュース、ほとんどすべてのものの中に見付けることができます。

しかも、大気中にも存在しています。窒素化合物をフィルターで取り除いた空気中でもわずかに残った窒素化合物を捕捉して成長することができるんです。こうなるともうお手上げです。

死滅させて二度と出てこないようにすることはできませんが、定期的な掃除で不快な赤いヌメヌメとはおさらばです。

病気の原因になったりしませんよね

実は

  • ロドトルラ・ムチラギノーザ(Rhodotorula mucilaginosa)
  • ロドトルラ・グラティニス(Rhodotorula glutinis)
  • ロドトルラ・ミヌタ(Rhodotorula minuta)

の3種は、稀に血流感染を引き起こすことがあります。また、鶏と海獣の皮膚感染症と羊と牛の肺感染症と中耳炎を引き起こすことがあります。

でも、日常生活では特に害はありませんので、安心してください。

バイオレメディエーションで活躍の可能性

実は浴室を赤くヌルヌルさせるためだけに存在しているわけではないみたいです。

バイオメディエーションという微生物や菌類や植物、またはその酵素を使って、有害物質で汚染された自然環境を、有害物質を含まない元の状態に戻す方法を研究する科学分野がありますが、そこでロドトルラ種が注目を集めています。この種は石油化合物を分解する能力があり、その分野で今後活躍することが期待されている注目株なんです。

そう聞くと風呂場の赤いヌルヌルが尊いもののように見えてきます。これからはそんなことに思いをはせながら掃除をしてみませんか?面倒なヌルヌル落としが捗るかも知れませんよ。

 - 家事, 生活, 病原菌

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大麻禁止
京都も大麻汚染 市内の高校生4人が逮捕
高齢運転者標識
プリウスタクシー突入で3人死亡 福岡市博多区 原三信病院
トリカブトの花
トリカブトの若芽の天ぷらはいかがですか
咽頭
嚥下力(えんげりょく)下がっていませんか
NOスパム
LINEの迷惑メッセージ TO→RUとレイジ
ジカウイルス
Zika Virus(ジカ熱) アメリカとカナダでも感染が確認
ハミガキカップ
ハミガキコップと歯ブラシも洗ってますか
マーキング禁止
犬のおしっこが鉄柱を倒す
NICT ひまわり8号画像
今現在の台風をひまわり8号で見てみませんか
HOLI TESTIVAL
インドのHoli祭が起源のカラーパウダーイベントは注意が必要です
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。