あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

イボガエルが嫌ならクソガエルって呼んでやる(嘘です)

      2016/06/28

毎日雨でうんざりです。おまけに台風まで来ているし。こんな中でもカエルだけは元気です。近くの田んぼで元気に合唱してます。

イボガエルのイボはイボではありません

日本でイボガエルと呼ばれるカエルはたいていツチガエルです。中にはヒキガエルをイボガエルと呼ぶ場合もあるみたいですが、殆どの場合、イボガエルと呼ばれるカエルはツチガエルです。

おとなは分かっていると思いますが、体のブツブツは土に擬態をするためのもので、感染症とかではないです。イボ(感染性疣贅)は皮膚の感染症です。カエルの皮膚は人間よりも弱いですが、うっすらと毒を出して皮膚を覆って、殺菌しているので皮膚の感染症は人間よりも起こし難いかも知れません。考えてみると魚の皮膚病はよく見ましたが、カエルの皮膚病は余り見たことがありません。(あるとは思いますが)

ちなみにツチガエルはこんな感じです。

 

かわいい!

触るとイボがうつるって言われる理由

僕もこどもの頃は「イボガエル触るとイボができるから触ってはダメ」って言われました。多分見た目からだけなんでしょうけど、ちょっと意味はありそうです。

  • カエル全般の皮膚は殺菌用の毒(弱いです)で覆われています
  • ヒキガエルは皮膚だけではなく、耳腺から毒(ちょっと強め)を吹きます

こんな理由があって、こどもがいたずらにカエルを触らないように「触るとイボができる」と言っていたのかも知れません。ただ、皮膚が毒で覆われているのはツチガエルだけではなく、全てのカエルです。あの可愛いアマガエルも同じですので、カエルを触った手をしっかり洗わずに目を触ったりすると痛い目に遭いますので、ご注意を。

可哀想なツチガエル

ツチガエルはちょっと臭いらしく、地方によってはその色や表面の感じも相まって「クソガエル」と言われているそうです。名誉が著しき毀損されてしまっています。

イボガエルと言う呼び名も可哀想ですが、クソガエルよりはまだマシなのかも知れませんね。

 - 屋外, 市街地, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

サシガメ
鼻を刺すような臭いだけじゃないサシガメ
豚
とうとう豚の生レバー提供禁止
首吊り禁止
首吊り注意 長い物には巻かれない
Insecam 防犯・監視カメラの設定を急いでください サービス業編
会社のパソコンで株を取引して降格
ピーナッツ
ピーナツオイルでアレルギー
航空事故
調布市で住宅に小型飛行機墜落炎上
Google Driveが同期しない
綿花
オーガニック・コットン 大切なあかちゃんの肌だから
正義
企業内犯罪がうやむやにされている現実
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。