あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

ブラックパーソン

   

先日、三越か高島屋で結婚記念日の品を買うつもりで出かけたものの、気に入ったものが無く、最終的には松坂屋に流れ着きました。まさか松坂屋に行くとは思わず、大丸カード(ややこしいですよね)を持って行かなかったのでポイントとカード購入に対して付くポイントとは別の割引がパーになってしまうと言われ(しかも本日限りなんですと煽られ)、結局翌日に出直すと言うことがありました。交通費も時間も倍掛かりましたが、15000円位は得をしたので、差益は出ました。

実を言えば大丸カードは使う予定がなく、古い銀行口座を引き落とし口座に指定したままでした。カードを解約したら、その口座も解約しようと考えていました。ですが、その口座には残高がないので、振り込むか、カードの引き落とし口座を変更するかしかなかったので、先ずは松坂屋のサービスカウンターに行きました。

郵送やネットで変更するよりも遥かに簡単に引き落とし口座の変更はできたのですが、今回の買い物は「絶対に古い口座から引き落とされます」と言われました。「銀行の処理が間違いなく間に合いません」と。なので、古い口座に金を振り込もうと考えていたんですが、万が一変更後の口座から引き落としがされると無駄な資金移動にもなってしまうと思い、念のため松坂屋のカード部門に確認の電話入れ。そこでも同様の回答でしたが、使用金額と口座引き落としの通知に書かれた口座が最終減速比の引き落とし口座だと言うので、一応待ってみたんですが、古い口座ではなくて、変更後の口座が書かれていました。結果オーライではあるんですが、サービスカウンターの女性が言った「絶対に古い口座から引き落とされます」と「銀行の処理が間違いなく間に合いません」は何が根拠だったんだろうという疑問が残りました。

長々と書いてしまいましたが、松坂屋の担当の女性をディスるつもりはなく、自分がブラックリストに載ってしまうかも知れないという恐怖に突き動かされた数日間のことを説明したかったんです。

ブラックリスト

これに載ったら数年間はお金を借りたり、カードを使ったりすることができないらしいので、結構引き落とし不能にはいつもビクビクしています。

ブラックリストというリストが存在しないことくらいまでは理解していましたが、詳しいことは知らず、今回改めて色々読みましたが、難しい単語が多くて、結局挫折しました。でも、要は信用が関わる取引で何かやらかしてしまうとその情報がセンターみたいなところに集約・記録されてしまって、その後に信用が関わる取引をしようとすると蹴られる、とそんな感じに理解しています。

どんなことをやらかすとブラックになってしまうのか

クレジットカードや分割払いを3か月滞納すると信用取引における「事故」として扱われ、その事故情報が業界で共有されてしまうことになります。(他にもあるみたい。)

信用に関わることだけなので、電気料金・ガス料金・水道料金・通信料金が銀行の口座引き落としになっているのを3か月滞納をしても大丈夫じゃないけど大丈夫。そこには「信用」が関わらないので「事故」扱いはされません。サービスを止められるだけで、滞納分をまとめて支払えばサービス再開となります。

ですが、ポイント欲しさ(僕です)にクレジットカードで支払いをしている電気料金を同じように3か月滞納すると、それは信用上の事故となり、5年間ブラック扱いになってしまいます。通信費も同じです。

同じ電気料金の滞納でも支払方法によってその後の人生が大きく変わってしまう(大げさな様ですが、家や車のローンが組めないのは一大事ですよね)のは困りますね。しっかり理解をしておかねばならないですね。

携帯端末代を分割で支払っている場合の滞納にご注意ください

「政府広報オンライン」で凄くタイムリーな記事が出ていました。ニュースでも取り上げられていましたので、目にされた方も多いかも知れません。

今、若い世代が気付かないうちにブラックになってしまっている事例が多発して問題化しているそうです。これはスマホなどの携帯端末を購入する時に、通信費+端末の分割払い+割引を組み合わせたような契約になっています。非常に分かりにくいのですが実際は端末代金の分割払いも含むので、通信費の滞納だと思っていたら実は分割払い(信用取引)の滞納をしたことになって、気が付けばブラックリストに名前が載る(イメージで、実際にはリストはありません)ことになってしまうというケースです。携帯会社から「あなたはブラックに入ってしまいました。ご愁傷様。」と言われる訳でもなく、滞納分を支払うとサービスも再開されるので、気付かずに時は流れて行くのですが人生の節目でローンを組もうかという時になって発覚するという時限爆弾のような恐ろしさがあります。

クレジットカードもローンも便利ですが、一定の注意が必要です

僕のように必要以上に注意するのは無駄ですが、ブラックになった時の影響は無視できませんので、カードやローンの引き落とし口座に残高があるかどうか定期的に確認をしましょう。1度うっかりやらかしても即ブラックにはならないみたい(僕も今回それを知ってホッとしています)ですので、1~2ヶ月に1回の確認でも問題ありません。別の口座にどれほどの大金を持っていても、引き落とし口座に残高がない状態が3か月続くと、どんな富豪でもブラック入りしますので、クレジットカードやローンを利用されている方は注意しましょう。

 - 消費生活, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

授乳
根の深い「偽母乳」販売事件
高温注意
熱中症 気温35℃以上で運動は原則禁止
Insecam
個人宅の監視・防犯カメラ映像が公開されています Insecam
カラス
福島県鏡石町でのカラス大量死事件について
市販薬
市販薬でも副作用
クレジットカードの不正使用
クレジットカードを安全に捨てる方法
危険にさらされる個人情報 防犯カメラ映像の悪用にご注意を
蚊
その虫よけグッズ 蚊が対象じゃないかも
江戸時代の刺青
刺青の代わりにボディーペイントにしませんか
ギロチン
エスティマでも屋根にはこどもを乗せられません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。