あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

福岡市博多区の原三信病院にプリウスタクシーが突入した死傷事故を防ぐには STOPペダル

      2019/06/12

一部で「64歳が高齢者なのか」という議論も起きていますが、議論の価値はないと思います。

高齢者は勿論ですが、ペダルの踏み間違いによる事故は若いドライバーによっても引き起こされている(ながら運転をごまかすために、過失を装っている可能性もありますが)ため、高齢者がメインにはなりますが、高齢者以外についてもペダルの踏み間違いによる事故を防ぐ技術の導入を進めて欲しいと思います。

今回、福岡市博多区の原三信病院にプリウスタクシーが突入した死傷事故では、逮捕された運転手(64)が

「ブレーキを踏んだが止まらなかった。エンジンブレーキもかけようとしたが減速しなかった。」

と供述したため、プリウスの技術的な問題についても検証が進められていると思いますが、乗務歴35年のベテランドライバーであり、日常的に車両の点検に余念がなかったことなども分かっていますので、ペダルの踏み間違いの可能性が高いと見られています。

たまにしか運転しない高齢者が、パニック時にアクセルをブレーキペダルと間違えて暴走するのは理解し易いのですが、乗務歴35年のベテランドライバーがペダルを踏み間違えるというのはなかなか理解がし難い部分もありますが、それでも起きてしまうのがこの手の事故なのかも知れません。

自分は

  • 若いから
  • 運転が上手いから
  • ドライバー歴が長いから
  • 運動神経がいいから

という自信は意味がなく、ハンドルを握るひとは全て注意しなければならないことなのかも知れません。

それでは、福岡市博多区の原三信病院にプリウスタクシーが突入した死傷事故がペダルの踏み間違いが原因で発生したと仮定して、このような事故を防ぐ方法はないのでしょうか。

プリウスの暴走による事故を防ぐ具体的な方法

プリウスが暴走事故を起こす原因の一つに事故を起こすリスクが高い高齢者がプリウスを選ぶことが考えられますが、もう一つにプリウスの設計上の特徴が考えられます。

プリウス(ハイブリッド)は、

プリウス ハイブリッドシステム

 

急加速時

2つのパワーで1クラス上の加速

急加速時は、電池からも電力を供給。エンジン駆動力とともに高出力モーターの駆動力を加えることで、レスポンスのよい滑らかな動力性能を発揮し、加速性能を一段と向上させます

出典:トヨタ自動車ウェブサイト テクノロジー HV ハイブリッド車

プリウスは、排気量こそ控えめですが、ハイブリッド車ですので、アクセルペダルを踏み込んだ時の加速は、

  • エンジン駆動力
  • 高出力モーター

の2つの力で加速を行うため、想像以上のパワーで進みます。

そして、エンジン車の場合は、アクセルを踏み込めば、それに応じた

  • 振動
  • 排気音

の高まりによって、

アクセルペダルを踏んで、加速をしているという事実

を頭が認識することが出来る訳ですが、高出力モーターでアシストをされると、頭がアクセルペダルを踏み込んでいることを認識できず、パニックに陥り、更にアクセルペダルを踏み込む状態に陥っている可能性があります。

今後、急加速時にモーターで強力なアシストを行う車種については、モーターでアシストしていることを示す警告音・注意音などを流す可能性がありますが、それがいつになるのかも分からない状態で、放置しておくのは余りに無責任だとも思います。

そこで、アクセルをブレーキと誤って踏み込むことによる事故を防ぐ方法を探してみましたが、かなり有望な方法が見付かりました。

それは、STOPペダル。

埼玉県川口市弥平3-1-8のナンキ工業株式会社が開発、製造、販売しています。 

ナンキのSTOPペダル(クリックするとナンキ工業のウェブサイトが開きます) 

急加速時のペダルの踏み込みと急ブレーキ時のペダルの踏み込みのストロークや加速度などを検知して、アクセルペダルをブレーキペダルを誤って踏み込んでもブレーキをかけてくれる安心安全な装置です。

最近立て続けに起きている高齢者による暴走事故の幾つかはSTPペダルで防げていた可能性もあります。

どの車両にも簡単に取り付けられ、車検も通すことができるSTPペダルが普及し、暴走事故が減ることを願っています。

 - 交通安全, 安全運転, 技術, 生活, 自動車

  関連記事

アタマジラミ
冬もシラミの季節です その白い点はフケじゃないかも

幼稚園や小学校で「シラミに注意」のプリントをもらってくるのは、たいてい夏前の水遊 …

謎の物体
「目糞鼻糞を笑う」と耳糞歯糞が笑う

汚くてすみません。 目糞鼻糞を笑う(めくそはなくそをわらう) 自分の欠点には気が …

ノロウイルス
もちつき大会 ノロ対策で中止相次ぐ

ノロウイルスの流行が年末の風物詩「餅つき大会」にも影響を与えています。各地でノロ …

エチゾラム
うつ病判定簡易ツール

毎年この季節になると心がざわざわします。 もうかれこれ10年以上前、どうしようも …

深海魚
異常脂質の深海魚に注意しましょう

深海魚ブームが続いています。その勢いで深海魚を食べて食中毒になるひとが出ています …

死神
助手席でしかも膝の上は彼岸への特等席

さっきおばあちゃん二人と3歳位の男の子が乗った軽自動車とすれ違いました。おばあち …

マラソン
強歩大会で女子生徒死亡 埼玉県立大宮高等学校

女子生徒が死亡した伝統の強歩大会 埼玉県さいたま市にある埼玉県立大宮高等学校は、 …

ぶどう
犬と幼児にはぶどうは要注意です

果物=健康にいい って思ってしまいますが、中には場合によっては与えない方がよい果 …

スプレー
虫よけスプレーでテント爆発

6月9日の夕方、茨城県常陸太田市の住宅で、男性が調理中に殺虫剤を噴射したところ、 …

魚
つけもの食べて腸炎ビブリオ食中毒発症のなぜ?

つけものって食中毒とは無縁のイメージがありますが、つけものでも食中毒は起こってし …