あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

バイクのドライブチェーン潤滑はエンジンを止めてから

      2020/01/30

オートバイのドライブチェーンの潤滑は非常に重要な日常メンテナンスのひとつです。

最初はドライブチェーンへの注油も洗車も楽しみなんですが、やがて面倒になり、横着なやり方になってしまったり。オートバイではないのですが、僕も車を買ったばかりは爪楊枝と綿棒まで出して洗車するのですが、直ぐに放置状態になってしまいます。苔生すこともしばしばです。何とか草が生えずに済んでいるのは、定期点検の時にデーラーさんがサービスで洗車してくれるからで。ほんと情けない限り。

そんな僕なので横着な気持ちは十分過ぎる程に分かるのですが、ドライブチェーンの注油は慎重にしないと危険です。

注油に潜む危険とは?

オートバイのドライブチェーンを注油する時、バイクスタンドで後輪を持ち上げて、手でホイールを回転させながら少しずつ注油するのが正しいんですが、自転車の時に後輪を回しながら注油するのと同じようにエンジンを掛けて注油するひとがいると思います。注油自体はノズルから潤滑剤を出すだけなので危険は少ないのですが、汚れを拭いたり、余った潤滑剤を拭き取ったりする時に、ウエスが巻き込まれ、一緒に指まで巻き込まれる事故が実際に起きています。チェーンとスプロケットに指を巻き込まれると潰れてしまうので、復元することはできません。復元するには足の指を使うしかないでしょう。

注意をしても起きるのが事故です

エンジンを掛けて注油するひとは、危険に気付いていると思います。その上で注意するから大丈夫!と思ってしまうところに危険が潜んでいます。大きな音に驚いて動いた時に巻き込まれることもあるでしょうし、車両の固定が甘くて車両が動いたはずみで巻き込まれることもあるでしょう。

巻き込まれると指を欠損するという大きな事故に繋がりますので、安全に注意していても止めましょう。

注油後は速やかにオートバイを片付けましょう

そのままにして手を洗いに行ったりしている間にこどもがオートバイを触って転倒させる恐れがあります。こどもが下敷きになれば命に係わる大事故になります。作業が終わったら、先ずはオートバイをいつも通りの状態に片付けて、それから次のことをしましょう。

たかが注油、されど注油。何事も注意して安全に過ごしましょう。

 - オートバイ, グッズ, 健康, 生活

  関連記事

Chrome
Chromeのブックマークは復元できます
ミニカー
ミニカーアレルギー
ワクチン
化血研 今度は動物用ワクチンでも不正製法
Acer ASPIRE
ノートPCの「バッテリを交換してください。」メッセージは従うべき?
水筒
こども用水筒 茶渋とバイオフィルムの茶色い関係
電通
電通に東京労働局が強制調査「臨検監督」
ホッキョクグマ
ビタミンA中毒 妊娠中は魚の肝を避けましょう
シートベルト着用
高速バスに乗る時は常にシートベルトを着用しましょう
カオス
授業参観は無法地帯でした
巨椋池
京都の巨椋池(おぐらいけ)を知ってますか
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。