あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

ビュッフェやバイキング中の防犯対策は万全ですか

      2019/06/12

ビュッフェやバイキングで食事中は盗難に無防備

明日は奥さんが仕事で家族で外出ができないので、今日ちょっと遠乗りして気になっていたビュッフェレストランに行ってきました。老舗のお菓子屋さんが新たにオープンしたレストランなんですが、凄く良かったです。新鮮な地の野菜をふんだんに使った料理はどれも美味しく、大満足でした。

我が家では、ビュッフェに行くと奥さんとこどもが偵察を兼ねて最初に料理を取りに出て、僕はテーブルで荷物番をします。で、奥さんとこどもが戻ってきたら、料理の様子を聞いてから僕が料理を取りに出かけるシフトになっています。

今回行ったレストランは、テーブルとテーブルの間隔は広く、また店員さんも良くテーブルに目を配っていてくれるので、誰かが席に来て荷物を持って行くことは難しいと思いますが、それでも僕は我が家のシフトは変えません。他のテーブルを見ていると、ほとんどの方が最初に席に通されると全員が席を立ち、全員で料理を取りに行ってしまっていました。

ただ、どれほど店員さんが気を配っていても、200人位の客が入った広い店内で各テーブルに座った人を全て覚えることは不可能でしょうから、別のテーブルの人が荷物を持って行ったり、外から入ってきた窃盗犯が荷物を持って行ったりすることを完全に防ぐことは不可能だと思います。

店内に防犯カメラは設置されていますが、それは後で参考や証拠になるだけで、盗難を抑止することはできません。

ブッフェやバイキングでは交代で料理を取りに行きましょう

何人かで一緒に料理を取りに行って、あーだこーだ言いながら料理を選ぶのは楽しいのですが、案外そんなに喋る機会は多くはなく、黙々と料理を選んで、黙々と更に盛っていることが多いのではないでしょうか。

もし喋るとしても、3人・4人で並んで喋ることは難しいので、せいぜい2人で喋る程度でしょう。

そうなると、4人で食べに行った場合は、2班に分けて、先発隊が戻って来てから、後発隊の2人が席を立つようにすれば、席に残した貴重品を盗難にあうリスクは無くせます。

また、一気に全員が席を立ってしまうことによる混み合いも軽減することができるため、一石二鳥です。

日本のレストランでは、席に置いた荷物が盗難にあうリスクはそれほど高くはありませんが、盗難にあってしまうとせっかくの楽しい食事が台無しになってしまいます。ほんの少しの手間で盗難被害のリスクをゼロにすることができますので、これからブッフェやバイキングに行かれる時には、是非試してみてください。

男2人・女2人のグループで食事に行く場合は、女性陣に先に料理を取りに行ってもらうようにするとスマートな感じでより良いと思いますので、是非お試しください。

 - 安全, 生活, 防犯

  関連記事

ゾンビ
悲報 腸炎ビブリオ死すとも耐熱性溶血毒は死せず
ウールマーク
WEAR VEGAN ウールも見直す時期かも知れません
アシダカグモ
部屋の中にクモがいたらどうしますか
ランチパック
大人気山崎ランチパックにカビが生えない理由は意外なところにありました
combi
臭いオムツはくるりんぱっ! コンビの ポイテック
バイオハザード
ちょっと待って 5秒ルールは無効かも
チャイルドシート
エアバッグが凶器 助手席に座らされた3才児が死亡
太陽
今年の夏は猛暑の予報 熱中症は予防が一番
謎の物体
「目糞鼻糞を笑う」と耳糞歯糞が笑う
スズメバチ
林間学習にエピペンを持っていくべきかどうか
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。