あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

助手席でしかも膝の上は彼岸への特等席

   

さっきおばあちゃん二人と3歳位の男の子が乗った軽自動車とすれ違いました。おばあちゃんは運転席と助手席、そして男の子は助手席のおばあちゃんの膝の上。助手席の怖さを分かっていないのでしょう。男の子の親がこれを見てどう思うのか、気になるとことです。

シートベルト着用なしはダメ絶対

「腕の力で支えるから大丈夫」って思っても、とんでもない力が事故の時にはかかります。時速40キロで衝突した場合、体重10kgのこどもだと300kgの力がかかります。どんな怪力おばあちゃんでも支えるのは無理でしょう。

3歳児はチャイルドシートに座らせる義務があります

そもそも3歳のこどもはチャイルドシートに座らせる義務があります。(6歳未満の幼児はチャイルドシートに座らせるが義務です。)義務だから守るのではなく、自動車のシートベルトは身長140センチ未満のこどもにはフィットしません。こどもの命を守るには成長に合ったチャイルドシートが必要なんです。

6歳になっても140センチに満たない場合は、チャイルドシートに座らせるのが安全です。

助手席は一番危険な席です

以前「ベビーシート、どこにつけてますか」で書いたんですが、事故が起きた時は助手席が一番死亡率が高いんです。

こどもは助手席の方が景色がいいから乗りたがるし、運転者も隣にいてくれると安心なことも多いので、つい助手席に乗せてしまいたくなりますし、実際に乗せてしまいます。

後部シートが嫌で泣き叫ぶこどもを無視してまで助手席に乗せないのもどうかとも思いますし、結構難しい選択になります。

こどもが後部シートに喜んで座ってくれるのが一番ですが、そうでない時は「一番危ない席に座らせている」ことを常に意識しながら、いつも以上に安全運転に努めるしかないでしょうね。僕もこうなることが多いです。

でも、いつもジレンマ感じてます。

おしゃべりを楽しむのは目的地についてから

僕がすれちがったおばあちゃんはおしゃべりに夢中で、男の子はダッシュボードに手をついて、外の景色を眺めていました。

お二人とも70代後半~でしたが、どれほど腕に自信があっても、反射神経は落ちてしまいます。また同時に複数の作業を行う(マルチタスク)も落ちてしまいますので、おしゃべりに夢中になると事故を起こす可能性がぐんと高くなってしまいます。その自覚を持って、年を重ねる毎により一層慎重に運転するようになって欲しいものです。そうでないと自分より先に目に入れても痛くないお孫さんを彼岸に送ることになってしまいます。

 - 交通安全, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

浴室
バスチェアの裏も掃除してますか?
ミニカー
ミニカーアレルギー
落胆する男
ブラックパーソン
バイオハザード
新型ノロウイルスGII.17が大流行の恐れ
スパムコメント禁止
i.softbank.jpから来る迷惑メールへの対応
リオオリンピック
リオ・オリンピック 妊婦の観戦自粛の呼びかけ
目の紫外線対策
こどもの目こそサングラスで保護しましょう
暴力
学校内暴力 生徒は逮捕され、教師はもみ消しされる現実
落し物
落し物の財布を交番に届ける時の注意
American Association of Exporters and Importers
American Association of Exporters and Importersからのメール
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。