あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

総務省の迷惑メール情報提供用プラグインソフトは効果あります

      2016/07/30

迷惑メール情報提供用プラグインソフトで一気に減少

過去記事「スパムメール・迷惑メールの減らし方」で紹介した迷惑メール情報提供用プラグインソフトを使って一度に50件ずつ迷惑メールを通報した結果、一時は400件近くまであった迷惑メール件数が一気に減少して、一桁しか来なくなる日が出てきました。

下は導入当初のグラフ。

スパムメール件数グラフ

ここ1ヶ月の推移。

スパムメール件数グラフ

通報を始めてから1ヶ月位は大きな変化はありませんでしたが、それを過ぎた辺りからぐっと減ってきました。対応が効いてきたようです。

もう100件を超えなくなりました。

迷惑メール相談センターへ通報しましょう

迷惑メール通報センターとは、

迷惑メール相談センターは、特定電子メール法に基づく登録送信適正化機関として、総務省からの委託を受けて一般財団法人日本データ通信協会が運営していて、特定電子メール法に違反する迷惑メールに関する相談や情報を受付けています。

迷惑メールの通報の方法には、

  1. メールの転送(転送先アドレス:meiwaku@dekyo.or.jp)
  2. 迷惑メール情報提供用プラグインソフトを使用して送信(※OutlookまたはWindows Live Mail の使用が条件)
  3. 違反メール情報提供フォーム(※文字数に制限があります)

通報はどの方法でも良いのですが、件数が多い場合は、絶対に2の

迷惑メール情報提供用プラグインソフト

がお勧め。

一気に50件も通報できるのは本当に助かります。

OutlookまたはWindows Live Mail を使用していることが条件になりますが、使用されている人は是非ご検討ください。

Webメールの機能などで迷惑メールフォルダに振り分けされている方もご協力ください

WEBメールの機能などで、迷惑メールが「迷惑メールフォルダ」に自動で振り分けられている人も多いと思います。

迷惑メールが目に触れなければ、誤って開けてしまう心配もありませんし、添付ファイルをダウンロードしてしまう恐れもありません。

そして、なによりも目障りではなくなります。

でも、そのままにしておくと、そのスパマーは活動を続け、こども達や高齢者が詐欺被害にあうかも知れません。

余計な手間がかかってしまいますが、こどもや高齢者を詐欺被害から守るためにも迷惑メールフォルダに振り分けられたメールも是非迷惑メール通報センターに通報をしてください。

ご協力をよろしくお願いします。

迷惑メールが減っても、定期的に通報しましょう

迷惑メール情報提供用プラグインソフト

を使って、迷惑メールを通報したところ、メールの数は大幅に減って、「ほぼ」その状態を維持しています。

迷惑メール件数グラフ

ただ、完全に来なくなった訳ではありません。

業者に把握されているメールアドレスが別の業者に販売され、再び膨大な数の迷惑メールが送られてくる恐れがあります。

件数が大幅に減ったとしても、定期的に通報することをお勧めします。

僕も今から通報します。

 

 - 個人情報, 安全, 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

動物病院
ペダル踏み間違いで動物病院へ突入した65歳
覗き窓
ドアスコープからの覗きに対策しましょう
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
龍神が重度の糖尿病を患う7歳男児を殺害
シマウマ
増毛パウダーで黒い汗
こどもを守れ
私学にはいじめや教諭の横暴への監督機関がありません
非常口
内閣府制作CG 南海トラフ巨大地震編・首都直下地震編
JINSロゴ
こどものメガネはJINSで予備を作っておきましょう
慢性疲労
その慢性疲労 食物不耐症が原因かも知れません
ベビーシート
ベビーシート、どこにつけてますか
百日咳菌
その長引く風邪、百日咳かも知れませんよ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。