あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

組み体操へ高さ制限の即刻導入を

      2015/09/29

大阪市教育委員会の出した

  • ピラミッドは5段まで
  • タワーは3段まで

という制限は予想以上の反響がありました。「制限すべきではない」という声は少なく、賛成する声がほとんどで「寧ろ遅過ぎる」という意見も少なくありません。

しかし、今年の運動会も多くの学校で「高層」組み体操が実施されています。

※大阪市教育委員会による制限は過去記事を読んでください「大阪市教育委員会 運動会の「組み体操」へ段数制限」

高層組み体操を止められない馬鹿げた学校

これだけ組み体操の危険性が叫ばれていても、まだ多くの学校で高層組み体操を続けています。

ある中学校では9段ピラミッドを実施していました。もう正気の沙汰ではありません。

平成25年には、中学校だけで8500件の事故が起きたそうです。その殆どは練習中に起きています。組み体操中の事故は命さえも落とす恐れがある重傷を負う恐れがあります。これだけの事故が起きていながら、高層組み体操を止められない学校は何なのでしょうか。

馬鹿ですか?

組み体操は誰が徳をするのでしょうか?

組み体操で児童生徒達が得られるかも知れないものは、

  • バランス感覚
  • 筋力・体幹の強さ
  • 協調性

などが考えられますが、高層にすることでその度合いが高まるとは考えにくいです。リスクが上がるばかりで、得られるものはありません。

「運動会・体育大会は児童生徒自身が楽しいものでないといけません」とある評論家が言ってましたが、必ずしもそうではないと思います。徒競走で楽しいのは足の速い子達でしょうし、綱引きもそれほど楽しいものではありません。ですが、それをクラスの仲間と一緒に行うことで、協調性や仲間意識を育みますし、練習を通して体のトレーニングにもなります。楽しくないものでも必要なものはありますが、高層の組み体操には、

  • 恐怖
  • 怪我のリスク

しかありません。

唯一徳をするとすれば、自分達の指導能力の高さとその実績を誇示することができる教師達位です。

危険な高層組み体操を止めることができるのか

今のままでは学校には無理かも知れません。

高層組み体操の危険性がこれだけ叫ばれていても、事故を起こしたことのない学校は他人事としか思っていません。生徒の誰かが犠牲になるまでは変わらないでしょう。

または、自治体内の学校で重大事故が発生し、訴訟で学校と自治体へ高額賠償請求が命じられたりすれば、その自治体内の事故を起こしていない学校にも組み体操の実施に制限がされることになると思います。

が、結局は犠牲者が出るまでこの状況は続いていくことでしょう。

唯一の望みは文部科学省の鶴の一声

学校もPTAも未だに保護者をこき使ってベルマーク運動を続けている位ですから、自分たちで変わることはできません。それは教育委員会も同じこと。

唯一の望みは文部科学省が通達を出して、全国一斉に制限をしてくれることです。

それが出れば、今まで「組み体操は必要なんです」と言っていた教師も「私も以前から危ないと感じていました」と180度言うことを変えるはず。

ネットやメディアで盛んに取り上げられるようになっていますので、何とかこの機会に文部科学省が重い腰を上げてくれるのを願うばかりです。

 - 保育園・幼稚園, 学校等, 安全, 小中高, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日光浴
母乳神話の落とし穴 増える「くる病」に要注意
台風21号
台風21号の進路は大きく西にそれました
蕎麦
光線過敏症 そばを食べたら日光に当たるのは避けましょう
シークレット
Google Chromeのシークレットモードで検索履歴の同期を防ぎましょう
餅
お餅を喉に詰まらせて救急搬送される前にすべきこと
沸騰
突沸 液体の過熱には注意しましょう
スパムコメント禁止
sunflower_dignity@docomo.ne.jpからの迷惑メール
トヨタ
トヨタ自動車 配偶者手当の廃止
航空事故
調布市で住宅に小型飛行機墜落炎上
SONY
ベーカリーショップの防犯カメラ映像が流出中 SONY IPELA SNC-XM631
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。