あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

学校の歯科検診に落とし穴

      2017/04/03

こどもの学校で歯科検診がありました。そうでしたね。今日は6月4日で「虫歯の日」。(日本では虫歯の日ですが、中国では天安門事件が起きた日で、六・四と言うだけで空気が変わります。)平和で良かった。

でも、こどもに話を聞いていたら、ちょっと喜べない事実も。

歯科検診で使う器具の消毒

僕が心配性で色々気にするので、今日は子供から報告がありました。助かりますが、ちょっと微妙な気持ちにもなりました。

  • 先生はゴム手袋をしていて、手袋を変えたり、消毒はしていなかった
  • ゴム手袋をした指を口の中には入れなかった
  • 使った鏡(デンタルミラー)は足元のバケツに入れていた

とのことでした。

皮膚が病的な場合のみ指を消毒するように指導されているので消毒しなかった件は問題ないと思います。

デンタルミラーは人数分揃えていたなら問題なしですが、学年毎に水洗いして使っていたら危険です。そこまでは分かりませんでした。

今日はどこの学校も歯科検診でしょうから、幾つかの学校でデンタルミラーを揃えて、順番で使う訳には行かず、全生徒数分を準備しているのでしょうか。謎が残りました。

学校の歯科検診に未だリスクは残っています

未だどこかの学校の歯科検診で感染症を移してしまっている可能性は十分にありそうです。

1日の被検者数にもよるが、何らかの方法でオートクレーブによる滅菌済の器具を被検者数揃えて検診するとよい。そのためには、近隣の学校と連絡をとり、数を揃えるか、センター方式を採用して、計画的に被検者の数だけ器具を借用することも行われている。また各自の学校で毎日少しずつ整備して1回に必要な人数分の器具を何年かけても整備していきたいものである。10本内外のミラーを消毒薬に浸け水洗いしてその場で再使用するといった方法は今日では行わない方がよい。消毒・滅菌の対象となる病原微生物は広範囲でその種類も多いが、感染力の強力なB型肝炎を基準として考えると、少なくとも煮沸消毒、出来ればオートクレーブに依る高圧滅菌を行うべきである。いずれの方法でも、健康診断の現場で行うことは困難なので器具の数は予め人数分揃えるのが望ましい。

日本学校歯科医会 「学校歯科医の活動指針」より(平成27年度改訂版)

 自己防衛の手段

「モンスター・ペアレント(MP)」や「プシ(P)」と生徒指導原簿に書かれてしまうかも知れませんが、正々堂々と学校に尋ねる(養護教諭に尋ねられたらベスト)方法があります。

または各地の歯科医師会に尋ねるという方法もあります。

それはちょっと。。。という方は、歯科検診の日に休ませてしまう手もあります。学校を休ませるのは良くないことですが、安全のためにはやむを得ません。ですが、この方法は

  • 学校が人数分のデンタルミラーを確保していない
  • 改善をお願いしても聞き入れてもらえない

場合に限ってしても良いかも知れません。

うかつにも気付く前に今年の歯科検診が終わってしまいましたが、来年の歯科検診までに確認しようと思います。

僕はどれもする勇気がないので、養護教諭へこどもにそれとなく聞いてもらうかも知れません。ダメですね。

 

 - 健康, 学校等, 小中高, 生活, 病原菌, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

糖尿病
任天堂の岩田社長が死去
嗅覚に個人差はあるのかどうか
靴下
靴下洗って靴洗わず
授乳
根の深い「偽母乳」販売事件
カメラ映像がありません
Insecam 登録カメラ件数がようやく3000を切りました
お米
臭い飯を食わされました。
窃視症
小学校教諭が覗き目的で住居侵入し逮捕
洪水
洪水の時は慣れた道でも危険です
マスク
三重県松阪市マックスバリュ学園前店の駐車場で乳児置き去り事件
備えあれば憂いなし
ADHD(注意欠陥多動性障害)のこどもには個人賠償責任保険の加入
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。