あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

小惑星2013 TX68が3月5日に地球へ最接近

   

小惑星2013 TX68は人工衛星のう内側を通過するかも

ナショナル ジオグラフィック日本版によれば、3月5日に小惑星(2013 TX68)が地球のすぐそばを通過(フライバイ)するそうです。

2013 TX68と命名された小惑星は、

  • 最短:17000キロ(静止軌道衛星の高度の約半分の距離)
  • 最長:1400万キロ(月までの距離の35倍)

一番遠いところを通ってくれたらいいのですが、一番近いところを通過すると17000キロと静止軌道人工衛星の半分の距離をかすめていくことになります。

それでも、成層圏は11~50キロ、外気圏でも800~約10000キロとなっていますので、17000キロと言っても結構遠くです。

小惑星の大きさは30メートルで、チェリャビンスクで爆発した隕石の1.5倍

大きさは1.5倍ですが、もし2013 TX68が地球に衝突する場合は、チェリャビンスクで爆発した隕石の2倍のエネルギーを発するそうです。

これを聞くとちょっと安心します。チェリャビンスクで爆発した隕石も大きな被害を出しましたが、恐竜を絶滅させたような大惨事(?)は免れることができそうです。

2013 TX68は今回のフライバイの後、2017年9月28日にも再び地球に接近しますが、その際は

2億5000万分の1

の確率で地球に衝突する恐れがあるそうです。小さい確率のような、案外そうでもないような。良く分かりません。今回のフライバイによって正確な軌道が観測されれば、より正確な確率が算出されるでしょう。(その際は、確率は更に下がる方に動くようですので、心配無用です。)

ただ、2013 TX68はそれほど心配する必要はなさそうですが、

地球に接近する可能性がある直径数十メートル級の小惑星は100万個はあると考えられていて、その中で発見されているのは1万個程度

ということですので、未だ分かっていない小惑星が突然地球に衝突することが分かる可能性もありそうです。

20世紀にはそういう事態にはミサイルやレーザーで小惑星を破壊できるようになると思っていましたが、21世紀になってどうやら無理らしいと思えてきました。

考えだすと不安にもなりますが、いつ弾道弾ミサイルが飛んで来るか分からない世界情勢の中で何億分の1の確率で衝突するかも知れない小惑星のことを心配していても仕方がないとも思います。実際考えても何ができる訳でもないので、惑星や隕石の衝突は運命を思って気にしないのがいいかもですね。

 

 - 安全, 生活, 防災

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

hacker
Insecamへ接続不能 現在Error522 Connection timed out中
子豚
日本脳炎はウイルスを豚が増幅して蚊が媒介します
ヒートテック
寒がり女子さんへ ユニクロの最終兵器あります
嗅覚に個人差はあるのかどうか
林
東京都日野市の小4変死 事故死と結論か
NOスパム
ランサムウェア Unpaid electricity bill
hacker
米ヤフー 10億人の個人情報がハッキング被害
タバコ
たばこポイ捨て注意で小学生の首を絞める
進入禁止
女子高生が手の甲を刺される 愛知県知立市
アデノウイルス
はやり目(流行性角結膜膜炎)で失明の恐れあり
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。