あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

小惑星2013 TX68が3月5日に地球へ最接近

   

小惑星2013 TX68は人工衛星のう内側を通過するかも

ナショナル ジオグラフィック日本版によれば、3月5日に小惑星(2013 TX68)が地球のすぐそばを通過(フライバイ)するそうです。

2013 TX68と命名された小惑星は、

  • 最短:17000キロ(静止軌道衛星の高度の約半分の距離)
  • 最長:1400万キロ(月までの距離の35倍)

一番遠いところを通ってくれたらいいのですが、一番近いところを通過すると17000キロと静止軌道人工衛星の半分の距離をかすめていくことになります。

それでも、成層圏は11~50キロ、外気圏でも800~約10000キロとなっていますので、17000キロと言っても結構遠くです。

小惑星の大きさは30メートルで、チェリャビンスクで爆発した隕石の1.5倍

大きさは1.5倍ですが、もし2013 TX68が地球に衝突する場合は、チェリャビンスクで爆発した隕石の2倍のエネルギーを発するそうです。

これを聞くとちょっと安心します。チェリャビンスクで爆発した隕石も大きな被害を出しましたが、恐竜を絶滅させたような大惨事(?)は免れることができそうです。

2013 TX68は今回のフライバイの後、2017年9月28日にも再び地球に接近しますが、その際は

2億5000万分の1

の確率で地球に衝突する恐れがあるそうです。小さい確率のような、案外そうでもないような。良く分かりません。今回のフライバイによって正確な軌道が観測されれば、より正確な確率が算出されるでしょう。(その際は、確率は更に下がる方に動くようですので、心配無用です。)

ただ、2013 TX68はそれほど心配する必要はなさそうですが、

地球に接近する可能性がある直径数十メートル級の小惑星は100万個はあると考えられていて、その中で発見されているのは1万個程度

ということですので、未だ分かっていない小惑星が突然地球に衝突することが分かる可能性もありそうです。

20世紀にはそういう事態にはミサイルやレーザーで小惑星を破壊できるようになると思っていましたが、21世紀になってどうやら無理らしいと思えてきました。

考えだすと不安にもなりますが、いつ弾道弾ミサイルが飛んで来るか分からない世界情勢の中で何億分の1の確率で衝突するかも知れない小惑星のことを心配していても仕方がないとも思います。実際考えても何ができる訳でもないので、惑星や隕石の衝突は運命を思って気にしないのがいいかもですね。

 

 - 安全, 生活, 防災

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スパムコメント禁止
「松重裕次郎」氏のその後
Insecam
Y!mobileが監視カメラ映像を公開中 Insecam
黄色ブドウ球菌
めんちょう(面疔)触るとほんとに死ぬの?
Insecam 防犯・監視カメラの設定を急いでください サービス業編
浴室
バスチェアの裏も掃除してますか?
バイオハザード
ちょっと待って 5秒ルールは無効かも
シュレッダー
自宅にシュレッダー置いてますか
スメハラ
被害者が実は加害者だったりもする怖いスメハラ(梅雨編)
バイオハザード
「ヤケド虫」 ハネカクシは絶対に触らないでください
アカエイ
隅田川をアカエイの大群が遡上
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。