あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

マチュピチュで転落死 自撮り中に足滑らせる

      2019/06/12

僕の「死ぬまでに絶対に行きたい場所10選」に入ってます。

マチュピチュで自撮り中に渓谷へ転落死

BBC NEWSによりますと、マチュピチュ(Machu Picchu)を観光で訪れていたドイツ人のOliver Parkさん(51才)が、6月29日に渓谷へ転落して、死亡しました。

マチュピチュ

遺体は翌30日に収容され、現地の警察署に移送されました。その後はクスコ県の遺体安置所に移送される予定になっているそうです。

Oliver Parkさんは観光でマチュピチュを訪れていましたが、

  • 自撮りのため
  • 安全のための警告看板を無視
  • 飛んでいるかのような姿を自撮りしようと飛び上がる
  • 足を踏み外して渓谷へ約100m転落

と「自撮り事故」を起こし、命を失いました。

マチュピチュを訪れ、壮大な景色に感動し、写真に撮るだけなら死なずに済んだところを、恐らくSNSでの「いいね」欲しさに無茶をして死亡。

若者なら分からないでもありませんが、51才はもう少し思慮深くなるべきでした。

写真は載せられませんでしたが、彼のアカウントはアクセス数が急増したでしょうけれど、これでは全く意味がありません。

自撮りは、周囲の安全は勿論、自分の安全も確認しましょう

自撮り棒を他の人にぶつけてケガをさせたなんていう話も耳にします。逆にぶつけられたという話も。

僕自身も、USJに行った時なんかは、自撮り棒がにょきにょき伸びる中をかき分けて歩くのは危ないと思いました。クリスマスツリーの前はまるでブッシュ。あれでは事故も起きます。

「他人への迷惑を考えましょう」

というメッセージは良く聞きますが、それと同じ位に自分(達)の安全についても注意が必要です。

  • 自撮り棒が電線に触れて感電
  • 自撮り棒が自動車に巻き込まれる
  • 崖・橋・建物から転落
  • 自動車・バイクに轢かれる
  • 転倒

それと牛に突かれるとか。

とにかく色々なリスクがあります。

周囲は勿論、自分(達)にもくれぐれも注意して自撮りしてくださいね。

 - グッズ, スマホ, デジタルカメラ, 光学機器, 安全, 屋内, 屋外, , 川と湖, 市街地, , 生活, 育児, 野外

  関連記事

ティートリー
冬のフケとシラミにはティートリーシャンプーが効く

乾燥肌でお悩みの方、嫌な季節になりましたね。 シャンプーで毎日綺麗に洗っていても …

ツレがうつになりまして。
「ツレが季節性うつになりまして。」 季節性情動障害:SADには要注意

「ツレがうつになりまして。」が封切りされたのは2011年。僕は地獄のようなうつ病 …

台風10号
非常に強い台風10号(Lionrock)が本州直撃の恐れ

過去記事「トリプル台風9号、10号、11号にご注意ください」を書いた時、台風10 …

行ってはいけない歯医者
行ってはいけない歯医者

イギリスのプロサッカー選手の40%が虫歯になっていて、中にはプレーに影響が出るほ …

猛毒注意
猛毒「ウモレオウギガニ」発見 和歌山県すさみ町沖約300メートル

日本の海で見つかる猛毒ガニと言えば、名前が凄くキャッチーな「スベスベマンジュウガ …

ハミガキ
歩きハミガキは歩きスマホよりも危険です

歩きスマホは他人に迷惑をかける危険性がありますが、歩きハミガキはこども自身が命を …

毒
スイセンの誤食に注意してください

小学校でスイセンの球根を食べて食中毒 連休の合間の5月6日、長野県伊那市にある市 …

「富士山麓のきれいな水」 発がん性物質混入で746万本回収

過去記事「「富士山麓のきれいな水」から発がん性物質検出で回収」で取上げましたが、 …

シートベルト着用
高速バスに乗る時は常にシートベルトを着用しましょう

乗客全員がシートベルトを着用するまでバスを発車させない国もありますが、日本では運 …

渇き
水をがぶ飲みすると起きる脱水症とは何でしょう

禅問答ではありません。喉の渇きを水で潤すと起きてしまう「自発的脱水」という脱水症 …