あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

VW排ガス不正 ガソリン車にも拡大か

      2019/06/13

内部調査の結果、更に80万台に不正の可能性

VW(フォルクスワーゲン)社は、内部調査の結果、更に80万台に不正の可能性があることが判明しました。しかも、その中にはガソリンエンジン(少なくとも1種類)が含まれることが分かり、関係者やユーザーに衝撃が広がっています。

広報担当者によりますと、更に不正の可能性があるのは、1.4リットル、1.6リットル、2.0リットルエンジンを積んだ車両で、ブランドとしては、

  • VW
  • アウディ(Audi)
  • シュコダ(Skoda)
  • セアト(SEAT)

の4ブランドに渡ります。

しかし、アメリカ当局が3.0リットルエンジンにも不正があったと発表をしています。VW社は全力で否定していますが、もし3.0リットルエンジンにも不正があったとすれば、3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル「TDI」エンジンを搭載するポルシェカイエンに影響が及びます。

Porsche Cayenne Diesel 

VW社は、直列4気筒ターボディーゼルエンジンTDIの「EA288」型だけに違法ソフトを搭載していたことを認めていますが、今後の調査でポルシェの名前にも傷が付く可能性が出てきました。

少なくとも1種類のガソリンエンジンが含まれると発表

当初排ガス不正があったのは、VWの小排気量ディーゼルエンジンだけだという話でしたが、調査に伴って排気量もブランドも広がり、今回はガソリンエンジンにも不正があったことが明らかにされ、VW社による今回のスキャンダルは未曽有の規模に広がってきています。

今回判明した不正の対策費用

VW社によりますと、今回新たに判明した不正によって発生する費用を20億ユーロ(約2650億円)と見込んでいますが、まだ調査は終わっておらず、実際の費用は更に大きく膨らむものと考えられます。

様々な国で損害賠償訴訟も起こされていますので、既に判明している不正分と合わせても、過去に例のない規模のスキャンダルに発展することは間違いありません。VW社が倒産することはないと思いますが、業界上位の力関係に大きな変化が起きるのは間違いないでしょう。

 - リコール, 健康, 生活, 自動車

  関連記事

PHONESOAP
あなたのスマホ 充電しながら除菌してみませんか
チャイルドシート
ツアーバスの事故でこどもを守る方法
日産 今までなかったワクワクを。
犠牲者を無くせ #熱駐症 ゼロプロジェクト by NISSAN
人プラセンタ
プラセンタによる感染リスクには注意しましょう
手洗い
トイレで手洗いをしない人が15.4% きっとあなたの隣にも
ダニ駆除大作戦
要注意 ダニの死骸もアレルゲン
市川市の市章
「子供の声うるさい」と開園断念 市川市の保育園
ホットライン
消費者ホットライン「188」の認知度わずか6.4%
夏場のスリッパは水虫に要注意
細菌寄生虫禁止
寄生は致命的 芽殖孤虫とマンソン裂頭条虫
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。