あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

その傘も凶器になります

      2019/06/13

6月26日、東京都の路上で、酒に酔った挙句、同僚の目を傘で刺して意識不明にするという事件がありました。刺さった傘は左目から入って脳に達していたということです。

傘による事件は後を絶ちません。今回の容疑者は「傘を持った手で殴った」と供述しているそうですが、カッとなった瞬間に傘で刺すことが頭をよぎって、酒の力で実行してしまったんでしょう。

こんな事件は他人事のように思えますが、事件ではなく事故だとするとかなり身近に危険が潜んでいます。

傘を地面と水平に持つのは危険です

先(石突き)が金属のものは勿論、太めのプラスチックであっても、地面に水平に持つのは厳禁です。おとながそれをやると、先(石突き)がちょうど幼児の顔の高さに来ます。それを歩みに合わせて前後に振る訳ですから、危険極まりありません。

傘を振り回すのは危険です

こどもが傘を振り回していたところ、柄の接着が取れて先が飛んで別のこどもの目に刺さる事故も起きています。傘は危険なものだという認識を持って、振り回したりしないように、普段からの指導が必要です。

こども用の傘は先が太いプラスチックであることが多く、中には丸くなっているものもあります。安全性は増しますが、それでも振り回すことは危険です。目にした時は理由を説明した上で、二度としないように約束しましょう。

大人用の傘は先(石突き)だけではなく、各骨の先端も金属剥きだしだったりもします。振り回した時だけではなく、ジャンプ傘を開いた時に別のこどもの目を刺してしまう恐れがありますので、中学に上がる位まではこども用の傘を使うのが安全です。

傘を自転車の後部に挿し込むのは危険です

何かの拍子に外れて後輪に引っかかると、後輪がロックして転倒する恐れがあります。

自転車の傘差し運転はそもそも違法ですので、自転車に傘を挿すのは止めましょう。それが一番安全です。

壊れた傘を放置するのは危険です

台風中継で街が写ると暴風で壊れた傘が道路を転がって行く様を目にします。暴風で壊れた傘は役には立ちませんが、放置すれば他のひとにとって凶器となります。壊れた傘は必ず持ち帰って、指定された方法で廃棄しましょう。

仮に暴風で手から離れてしまった場合も極力回収するように努めなければなりません。暴風雨の時、傘は殆ど役に立ちません。そんな時のために、レインコートやポンチョを用意しておくとスマートですし、安全です。そろそろ今年の台風シーズンも始まります。是非検討してみてください。

 - グッズ, 保育園・幼稚園, 学校等, 小中高, 生活, 育児

  関連記事

合成皮革
スニーカーだけじゃない加水分解
太陽
今年の夏は猛暑の予報 熱中症は予防が一番
バスルーム
浴室の赤いヌルヌル
交通安全
横断歩道ではねられ男児3人重軽傷 宮崎市大塚町鵜ノ島の市道
スプレー
虫よけスプレーでテント爆発
ヒートテック
透湿防水性素材を活かすには化繊のインナーが不可欠です
刺身
クドアが寄生した養殖ヒラメの刺身で食中毒
スパムコメント禁止
080-6388-07124 ここに電話してくれれば早いよぉ!
JINSロゴ
JINSのウェブサイトが攻撃被害か
管楽器
楽器と金属アレルギーの深い関係
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。