あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

電波式の掛時計がぐるぐる回ってしまう時

   

お盆は奥さんの実家に帰省していましたが、そこで不気味な現象を目にしました。

掛時計の針が夜中に突然ぐるぐる回り出す

居間いた時、誰かが「あっ」と言ったので顔をあげると、壁にある掛時計の分針がぐるぐる回っていました。

分針が一周すると、時針も1時間分進み、ぐるぐる回り続ける掛時計。

夜中とは言え、部屋は明るく、一人でも無かったので、怖いとは思いませんでしたが、暗い部屋に一人でいる時に目撃したら「ポルターガイスト」を疑ってしまうかも。奥さんが「何?」と聞くので、試しに「ポルターガイスト現象」と答えても、スルーされました。

ぐるぐる回っていた時計は、やがて現在時刻になるとピタッと止まり、それ以降は動くことはありませんでした。(でも、翌朝再びぐるぐるしてました。)

ちょうどお盆の時期でしたがあれとは無関係のようです

ぐるぐる回った後で、身内が亡くなった時刻なんかで止まったりしたら、お盆ということもあり、「そういうこと」も疑いたくなりますが、現在時刻でピタッと止まるところを見ると、

  • 電池残量が少ないことを知らせる機能
  • 電波時計が電波を掴んだところ、時計が進んでいたため、順方向に針を進めて、時刻を修正した

のいずれかだろうとにらんで、ググってみると、やはり電池か電波のいずれかのようです。

念の為に義母に聞くと電池交換したことがないとのこと。義父が電池交換してくれていたとしても、今年で義父の七回忌ですから、相当長い期間電池を替えていないのは間違いなさそうです。

だとすれば、ほぼ電池が原因のぐるぐるで間違いないでしょう。

掛時計はシチズン製ですが、シチズンの電波式の掛時計の取り扱い説明書を見てみると、

針がぐるぐる

と書いてありました。

安心しました。

電池交換をしてからはぐるぐるしなくなりました

裏のフタを開けると、単1電池が3本。

準備の良い義母は単1のストックを持っていて、おかげで買いに行かずに交換することができました。

電池を交換してからは、針がぐるぐるすることは無くなりました。

モデルは違いますが、シチズンの電波式掛時計の取り扱い説明書を見ると、

電池交換は1年に1度

なんと!

動いていても1年に1回定期的に交換する。

と書かれています。

掛時計なんて、数年に1度の電池交換でいいもんだとばかり思っていました。これでは変な動きをするはずです。

ただ、流石に1年に1度の交換は環境にもお財布にも優しくないので、

  • 遅れ・進みがひどくなった
  • 針がぐるぐる回る
  • 針が反時計回りに回る

ようになったら、電池交換をした方が良さそうです。

これはエネループの出番かも知れません。エネループは置き時計・掛時計には不向きだという噂もありましたが、我が家では問題なく動いています。エネループに切り替えた上で、メーカー推奨の

動いていても1年に1回定期的に充電

を実行するのがベストの運用方法かも知れません。

 - グッズ, 安全, 家事, 家電, 時計, 生活, 電池

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お薬
おくすり手帳を持ちましょう
里芋
里芋の緑色の部分に毒はあるのでしょうか?
駐車禁止
隣の車に当てられて傷付いた場合
イチゴ
新鮮果物丸かじりで食中毒の可能性
感染防止
自動車のマフラーやエキパイ破損で死亡する恐れ
太陽
光線過敏症(日光アレルギー)にご注意ください
Your Netflix Membership has been suspended [#387698]は詐欺メール
スパムコメント禁止
sunflower_dignity@docomo.ne.jpからの迷惑メール
金
現金5600万円を強奪 大阪市中央区南船場
三菱
三菱自動車が日産自動車の傘下に
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。