あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

こどもがキャンプから戻ったら真っ先ににすべきこと

   

こどもがキャンプから戻ったら、荷物を降ろさせて、まずは居間で何か飲みながらゆっくりさせたい、なんて思ってしまいますよね。

でも、こどもがどれほど疲れていたとしても、どれほど親がこどものみやげ話を聞きたいと思っていても、何よりも先にすべきことがあるんです。

キャンプから戻ったら浴室で衣類を脱いでシャワーを浴びさせましょう

もちろん、お風呂でもOK。

とにかく、家の中でくつろぐ前に、

  • 浴室で衣類を脱ぐ
  • シャワーを浴びる(頭も洗う)

普段から登山やキャンプをされている方はお気付きかと思います。

マダニに刺され、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に感染

するリスクを減らすためです。

本当は、家に入る前に上着などを脱いで、しっかりとはらった方がいいんですが、最近の住宅事情ではそれもままならない場合も多いと思います。そんな場合には、そぉっと家に入り、浴室で衣類を脱げば安心です。

シャワーの後は、肌が露出していた部分にダニがついていないかチェックしましょう

山に入る時は、夏でも長袖・長ズボンが原則ですので、肌が露出した部分は限られています。

手は自分で気付くと思いますが、

  • 首の周り
  • 耳の後ろ
  • 髪の毛の生え際

などは親がチェックしてあげましょう。

抜いだ衣類は浴室でしっかりとはらい、その後は洗濯機で浸け置き洗いしましょう

ダニがついた状態で洗濯してしまうと、他の衣類にダニが移ってしまう場合があります。

そんなことにならないように、しっかりとはらい、万が一ダニが付いている場合はガムテープで取り除いてから洗濯するようにすると安心です。

念の為に、キャンプで着ていた衣類は一式洗濯機でつけ置き洗いしておきましょう。

マダニも呼吸するので、洗剤の混じった水に浸けられると窒息してくれる可能性がありますが、ワセリンを塗っても窒息死しない場合もあるという説もありますので、洗濯後に生き残ってしまう可能性があります。

洗濯前に風呂場など安全な場所でしっかりと払い、ダニがついていないことを確認するのがベストだと思います。洗濯機での浸け置き洗いは気休め程度に思っておいた方がいいかも知れません。

ザックや靴はしっかりと乾燥させておきましょう

衣類はしっかりと洗濯がされるんですが、意外にザックや靴は忘れられがちです。

ザックも靴も、キャンプ中にしっかり汗を吸って、想像以上に湿気を帯びています。

また、隙間に落ちてきたダニが引っかかっている恐れもあります。

ザックも靴も、浴室やベランダなどでしっかりとはらった後に、よく絞った雑巾などで全体を拭いてから、ハンガーで吊るすなどしてしっかりと乾燥させてください。

わくわくしながらする事前準備と違って、祭りのあとの疲れた状態でする事後処理は嫌なものです。

ですが、次回のキャンプを快適にできるかどうかは事後処理にもかかっていますので、頑張ってやれるように親がフォローしてあげてください。

 - 保育園・幼稚園, 健康, 学校等, 安全, 小中高, 屋外, , 生活, 育児, 野外

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミツバチ
ミツバチを殺さないで 高田馬場で大量駆除事案
ラインマーカー
校庭の白線はもう安全だという噂の真相
日産 今までなかったワクワクを。
犠牲者を無くせ #熱駐症 ゼロプロジェクト by NISSAN
コーヒー
カフェイン中毒 あなたは大丈夫ですか?
シートベルト着用
軽井沢スキーバス転落事故 シートベルト非着用が被害拡大
蚊
蚊にもポイズンリムーバーが効くはず
こども
抑止力だけの防犯ブザー
胃
胃がんは感染する ヘリコバクター・ピロリにご注意を
靴下
靴下洗って靴洗わず
JINS 花粉カット
キッズ用花粉対策メガネはJINSが一番
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。