あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

転ばぬ先の杖の耐用年数

   

杖に耐用年数があるって知っていましたか?杖にも色々な種類がありますので、それぞれ耐用年数は違うと思いますが、用途や材質によっては案外短いかも知れません。

SGマークの有効期間は3年

「ヘルメットの耐用年数」で書いたんですが、ヘルメットの耐用年数は購入日から3年で、杖もそれと同様に有効期限は購入から3年間です。

これはSG マーク制度の賠償措置の有効期限で、この期間内において製品が原因で事故などが発生した時は賠償しますよということです。この期間内であればSGマーク制度で製品の品質を保証するということですので、若干短めに設定されていると考えていいと思います。時々しか使用しない場合は耐用年数はもっと長くなりますし、毎日使用、体重が重い、誤った使い方をしているような場合は当然3年より短くなってしまいます。

耐用年数を短くする要素

耐用年数の計算が使用を開始してから3年と言うことですから、使用頻度を少なくすることで耐用年数は長くなります。逆に耐用年数を短くする要素としては、

  • 毎日ヘビーユースしている
  • 強い衝撃を与えた
  • 使用するひとの体重が重い
  • 水にぬれることが多い場所での使用している
  • 塩が付着することがある場所での使用している
  • 登山などスポーツに使用している
  • 必要なメンテナンスをしていない
  • 誤った使い方をしている

などになります。当たり前のことばかりなのですが、ひとつ見落とされていることがあります。

杖もメンテナンスが必要

杖にもメンテナンスが必要です。これも材質や構造によるのですが、

  • 全てに共通
  • 多くのひとが怠っている

ことがひとつあります。

それは先ゴムの摩耗です。先ゴムは杖の先端で衝撃を吸収したり、滑り止めをする大切なパーツです。ですが、杖を使用されている方の多くが余り注意を払っていません。先ゴムが減ると手に衝撃が伝わって、手に負担がかかり良くありません。それと同時に杖自体にも衝撃が伝わり、異常摩耗や破損の原因になってしまいます。

「カチン カチン カチン」

と音をさせている杖は先ゴムが摩耗して、金属が露出してしまっている場合が殆どです。

杖の耐用年数を短くすることなしに、また杖が滑って転倒などの事故を起こす前に先ゴムを新品に交換して、杖本来の性能を発揮させましょう。

転ばぬ先の先ゴム交換

ですね。

 - グッズ, 生活, 福祉

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スマホ
スマホで金属アレルギー
手洗いしましょう
男子はトイレで手を洗わない生き物
イボガエル
冤罪事件「イボガエルを触ってイボができた」
一眼用レンズ
浴室タイルと洗濯槽だけじゃない レンズのカビにも要注意
ハイビームインジケーター
夜間走行はハイビーム使用で事故減少
MEN NKドライEXポロシャツ
ポロシャツのエリで日焼け防止
お弁当
腐敗した弁当の正しい処理方法
感電注意
7月17日 石川県でも電気柵で女性が感電する事故発生
腸内細菌科
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)の危険性
踏み台
破損転倒事故発生 樹脂製踏み台(折り畳み式)には注意しましょう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。