あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

目も日焼け止めしてますか

      2015/05/13

美白ブームのおかげでいろんな日焼け止めクリームやグッズが手に入るようになりました。今は女性だけではなく、男性も日焼け止めに気を使うようになり、「日焼け=健康的」と言われた時代が遠い昔のように感じます。

骨や歯の形成のために必要なビタミンDを形成するために、ひとは日光を浴びなければいけないのですが、度を超えると有害になります。日焼け止めクリームを塗ったり、UVカットのウエアや帽子を身に着けたりして、対策は万全のように思えるのですが、大きな見落としをしています。

目も日焼けします。

余り意識されていませんが、目も日焼けしています。そして、目の日焼けは、

  • 白内障の原因になります
  • 瞼裂斑(けんれつはん)や翼状片(よくじょうへん)の原因になります
  • ドライアイの原因になります
  • 皮膚の日焼けを酷くします

こんな問題を引き起こします。

目の日焼けを防ぐには

UVカットのサングラスかUVカットレンズを使ったメガネをかけましょう。普段メガネをかけているひとは、UVカットレンズを使ってメガネを作るのがおすすめです。

色なしのレンズはサングラスに劣るように思ってしまいますが、「まぶしさの軽減」はできませんが、紫外線をカットする性能は遜色ありませんので、安心してください。

逆を言うと、色付きでもUVカット性能がゼロの色つきメガネ(サングラスと呼べません)もありますので、購入時にはUVカットの性能を確認してから買いましょう。

UVカット機能のあるコンタクトレンズもでていますが、補助的なレベルになりますので、サングラスをかけた方がよさそうです。

目は一年中紫外線にさらされています

気象庁 紫外線に関するデータ

紫外線は一年中降り注いでいます。今までは「まぶしさの軽減」のためにサングラスを着用する方が多かったと思いますが、これからは紫外線対策のために年中着用するのをお勧めします。まぶしさを感じない冬季は、色の薄い、または無色のUVカットメガネをかけると視界も暗くならずに安心です。

外出する時に靴を履くのと同じように、これからはサングラスやUVカットメガネをかけることが自然になることを願ってます。

 - 屋外, , 川と湖, 市街地, , 野外

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

貝殻拾い
貝殻拾いにもリスク管理
キロポスト
道路の落下物を避けた後は#9910
水草を栽培しただけで逮捕される恐れ
飛び込み
吉田川へ飛び込んだ会社員が死亡 岐阜県の郡上八幡
親子か連れ去りか
不審者から前犯罪者へ
南知多の「まるは食堂旅館」が許容量超える大腸菌を含む排水を海に流す
蕎麦
光線過敏症 そばを食べたら日光に当たるのは避けましょう
猛毒注意
猛毒ヒョウモンダコが日本海を北上中 若狭湾でも捕獲
蚊
蚊にもポイズンリムーバーが効くはず
Insecam
宿泊施設「静山荘」のフロント映像が公開されています Insecam
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。