あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

夜間走行はハイビーム使用で事故減少

   

何年か前から、できる限りハイビームで走行しています。でも、ハイビームに出来る場所はそれほど多くありません。

夜間走行はハイビームが原則

ヘッドライトは点灯するとロービームが点いて、「HI」にするとハイビームに切り替わって、しかも

ハイビーム警告灯

が点灯します。そのため、

  • 通常:ロービーム
  • 街路灯が少ない暗い道:ハイビーム

だと思っている人が多いと思います。でも、実は逆で、

  • 通常:ハイビーム
  • 対向車・先行車がある時:ロービーム

と原則はハイビームを点灯しなければならないことになっています。

(車両等の灯火)

第五十二条  車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

2  車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

(罰則 第一項については第百二十条第一項第五号、同条第二項 第二項については第百二十条第一項第八号、同条第二項)

出典:道路交通法 第五十二条 車両等の灯火

自動車メーカーも、デフォルトをハイビームにして、

  • ロービームにする時にライトスイッチを操作する
  • ロービームにするとロービーム警告灯が点灯する

仕様にして欲しいところです。

それかスバルのハイビームアシスト的な機能。標準装備になるのは厳しそうですが、人気が出れば、コストがぐっと下がりそうで、期待できます。

ハイビームで走行している時に、

  • 対向車
  • 歩行者
  • 自転車

などを発見した時にロービームに切り替えることによる光量の変化が

パッシング

に近い効果が得られ、相手にこちらの存在を認識させる効果があるとも言われています。

メーカーが仕様を変えてくれるまでは、手間でも夜間走行時はハイビームに切り替え、必要に応じて一時的にロービームを使用するようにしましょう。

横断中の死亡事故の96%がロービームという統計結果

21日から始まった秋の全国交通安全運動の重点項目が

「ハイビームの使用」

になったことで、にわかにハイビームの使用が盛んに呼びかけられています。これを機会に原則ハイビームが使われるようになれば、防げる事故もでてくると思います。

ある記事の中で、ロービームが40メートル先までしか照らせず、ハイビームが100メートル先まで照らすことができることを挙げて、80km/hで走行した場合、5人のドライバーが障害物に気付いて停止出来た場所は、

  • ハイビーム:障害物の82メートル手前(5人の平均)
  • ロービーム:障害物の5メートル手前)5人の平均)

であったことから、ハイビームの使用が横断中の死亡事故防止に効果があると書かれていましたが、80km/hで走行していなければ、ロービームでも安全に停止できるのではないかとも思います。

「スピードを落とせ」

をスローガンにしても効果がないため、実効力を求めた結果、スイッチを回すだけで達成ができる

「原則ハイビーム」

が選ばれたのかも知れません。

ですが、やっぱり横断中の死亡事故防止に最も効果があるのは

  • 制限速度を守る
  • 天候・道路状況に応じて制限速度から更に減速して注意して走行する

だと思います。

原則ハイビームにすることで防げる事故もあるはずですが、やはり安全に走行するためには、制限速度を守り、必要に応じて減速して走行することが一番効果的だと思いますので、この機会に自分の運転を見直すようにできればと思います。

愛知県民はスピードだけではなく、ハイビームの使用をより心がけるべきかも

愛知県は自動車保有台数が日本一なこともあり、交通事故死者数においてワーストの座を今年も守っています。

2015年度の死亡事故が213件と、都道府県別でワースト1であった愛知県では、

夜間の歩行中の死亡事故50件のうちハイビームは1件だけで、残りはロービーム・消灯

とロービーム比率が全国平均よりも高くなっています。

愛知県警による事故の検証では、歩行中の死亡事故49件のうち26件がハイビームを使用することで

  • ドライバーが歩行者に気付き、減速または回避
  • 歩行者が自動車に気付き、回避

することで死亡事故を防げた可能性があるとされています。

愛知県の皆さんは、制限速度を守ることは勿論ですが、ハイビームの使用を特に心がけてましょう。

 - 交通安全, 安全運転, 生活, 自動車

Comment

  1. いまひ より:

    >横断死亡の96%がロービームという統計結果

    ってあるけれど、現在はロービームで走っている車が主流派なので、96パーセントの車がロービームというのは当たり前だと思う。
    街中でハイビームで走ってたらそれこそ喧嘩になるよ。周りの車はメチャクチャ迷惑。
    逆に山中を走る時はハイビームが基本。
    結局は場所によって使い分けるという事だと思いますよ。

    • bengals より:

      こんにちは。コメント、ありがとうございます。

      その通りだと思います。市街地走行では、対向車も先行車もいますので、ハイビームにすることができない場合の方が多いと思います。

      メディアが盛んに「96%がロービーム」と書いていますが、96%全てがハイビームにしていれば防げた事故ではないと思っています。ただ、ロービームが主流派である現状では、使える場所ではハイビームにすることをご存知ではない人がいるかも知れません。その意味では、若干煽りの感もありますが、「96%がロービーム」というタイトルにも意味があるのではないかと思います。

      愛知県警の検証結果が出ていましたが、歩行中の死亡事故49件のうち、26件はハイビームにしていたことで防げていた可能性があるそうです。街路灯が少なく(または無い)、そして対向車も先行車もない状態でもロービームで走っている車は少なくありません。そのような事故が減らせることを願っています。

      ただ、ロービームをデフォルトにして走行している方が、ハイビームとロービームを切り替えながら走行するよりも楽ですし、ハイビームのまま走行して先行車とのトラブルに発展したりすることもない訳ですが、安全のことを考えると、面倒でも場面に応じてハイ/ローの切り替えを注意して行うしかないと思っています。

      現在ロービームのみで走行している人が、場所によって使い分けるようになり、事故が減るといいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大麻禁止
京都も大麻汚染 市内の高校生4人が逮捕
教師が生徒に暴行で10日間の怪我 愛知県瀬戸市立中学校
加熱殺菌処理されていないミネラルウォーターはあるのでしょうか
USJ
ユニバーサル・ワンダー・クリスマス 2016  駐車場難民問題
大麻草
京都の小6 高校生の兄の大麻を吸引か
ニット帽
雪遊びにはニット帽
鯉のリスク
鯉の洗いには毒と寄生虫のリスクあり
自動車事故
豊中市で居眠り運転の車が登校中の小学生の列に突っ込む事故
コーヒー
カフェイン中毒 あなたは大丈夫ですか?
台風10号
非常に強い台風10号(Lionrock)が本州直撃の恐れ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。