あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

台風14号の東南東で台風15号が発生直前

   

台風14号は北上しないようなので少し安心しましたが、それもつかの間、どうらや間もなく15号が発生しそうです。

非常に強い台風14号は台湾に向かっています

台風14号(MERANTI・ムーランティ)は勢力を拡大しながら、現在は「非常に強い台風」となって西南西に向かっています。普通に考えれば、このまま台湾に向かって進み、その後は中国大陸に上陸するところですが、今年の台風は変則的な動きをすることがありますので、沖縄や九州にお住まいの方は警戒をした方が安全です。

台風14号

その台風14号は、現在

  • 中心気圧930hPa
  • 最大風速 中心付近で50m/s
  • 最大瞬間風速 70m/s

と非常に凶暴な台風に発達しています。

台風14号が日本に上陸せずに終わったとしても、今後発生する台風も同じレベルに発達する可能性が十分にありますので、注意しましょう。

台風14号の東南東で台風15号が発生しそうな雲行きです

ひまわり8号からの画像を見ると嫌な雲行きです。

NICT(情報通信研究機構)によるひまわり8号からの情報

台風15号の卵

台風14号ははっきりと目が見えてきました。形も綺麗な渦巻き型になっています。

その東南東に雲の塊が見えますが、周辺が左に巻き始めているようにも見えます。このまま熱くなった海水面からエネルギーを受け続ければかなり大型の台風に発達しそうです。

今後の天気情報には注意が必要です。

避難勧告や避難指示が出ていなくても早めに避難することは意味があります

9人の方が亡くなった岩手県の岩泉町乙茂地区では、町から

  • 避難勧告
  • 避難指示

が出されていなかったそうです。

勿論、自治体には住民の命を守るために迅速・的確な避難勧告や避難指示を出す義務がありますが、

  • 判断ミス(想定よりも速く増水した)
  • 役所が先に被災した
  • 役所に危険情報が伝わらなかった
  • 水位監視システムがダウンした

などの原因で住民に伝わらない場合も考えられます。

住民レベルで正確な判断をすることは難しいのですが、防災マップ(ハザードマップ)を確認して、

住んでいる場所で最悪の場合に命に関わる災害が起こりえる

とされている場合は、テレビやラジオで集中豪雨の予報がされている、または近くや上流域で非常に強い雨が降り始めていると報じられた際は、自治体からの避難準備情報、避難勧告、避難指示が出されていなくても、準備をしたり、実際に避難を開始することは意味があることだと思います。

自治体にはミスなどで避難に関する情報が出ないといった失態がないように運用を見直して頂くのと同時に、私たち自身も避難に関する情報を待たずに、必要に応じて避難できるようにしたいと思います。

 - 安全, 生活, 防災

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ゲジゲジまゆげ
ゲジゲジに毒はあるのか
ザリガニ
かなり危険な鼻ザリガニ
スパムコメント禁止
「松重裕次郎」氏のその後
歯ブラシ
ハミガキ前の歯よりも汚いかも知れない携帯歯ブラシ
槍
こどもが歩き始めたら家具の角に注意しましょう
トヨタ
トヨタ自動車 配偶者手当の廃止
太陽
光線過敏症(日光アレルギー)にご注意ください
緊急通報
緊急通報したいけど現在地が分からない
チャイルドシート
チャイルドシート非着用の死亡率は適切な着用の16倍
スパムコメント禁止
i.softbank.jpから来る迷惑メールへの対応
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。