あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

トライアンフ横浜北 顧客の車両を預かったまま代表が消息不明

   

英車「トライアンフ」の正規販売店「トライアンフ横浜北」が店舗改装工事をするとして11月28日から休業をしていましたが、改装期間終了の目安としていた12月中旬を過ぎても営業を再開せず、代表である那波誠氏も消息不明となっていることが分かりました

トライアンフモーターサイクルズジャパンに対して休業の連絡もなく、連絡もつかない状態であることから、最初から夜逃げを計画していた可能性もあります。

「店舗改装工事のお知らせ」という貼り紙がされていましたが、実際には店舗の改装はされておらず、従業員にも連絡はなく、自宅待機の状態だと言います。

顧客の中には車両を預けたままの人もいるようで、横領罪での起訴も含めた法的な対応も検討されています。

店舗改装工事のお知らせ

拝啓

時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら11月28日(月)より12月中旬まで店舗改装工事のため休業とさせていただきます。

期間中、皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、これまで同様変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

敬具

トライアンフ横浜北

代表 那波 誠

本来であれば、店舗改装を行う場合は、日本法人「トライアンフモーターサイクルズジャパン」に連絡し、休業時の顧客のフォローを近隣販売店に受け持ってもらえるように間に入ってもらうなどするはずですが、「誠に勝手ながら11月28日(月)より12月中旬まで店舗改装工事のため休業とさせていただきます。期間中、皆様には何かとご不便をお掛けいたしますが、これまで同様変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。」という内容は異常です。

スタッフブログにも怪しい内容が書かれていました。

リニューアル中

11月22日は軽いタッチで。

改装のお知らせ

11月24日には少しトーンが変わっています。

休業期間の期限となっていた12月中旬をもって、トライアンフモーターサイクルズジャパンは販売店一覧からトライアンフ横浜北を削除したそうですが、早い段階で夜逃げしたことに気付いていたのかも知れません。そうであれば、もう少し早く手を打ってあげていれば、被害も減った可能性があり、残念です。

トライアンフモーターサイクルズジャパンがトライアンフ横浜北の顧客のフォローに動いていますが、出来ることは限定的で、車両が手元に残った顧客は別の店舗への橋渡しをしてもらえるでしょうけれど、車両や金銭を持ち逃げされた形になってしまった顧客は自分たちで何とかする他ありません。

どんなに有名ブランドであっても、結局は車両を購入した販売店との関係が全てですから、今回のように販売店が夜逃げや倒産してしまった場合、同じブランドの別の販売店に行っても同じサービスや保証が受けられない可能性も出てきます。

買う時には全国に販売店網があることをアピールされますけど、結局販売店同士が繋がっている訳ではなく、逆にライバル同士だったりして、面倒をみてもらうことは通常できません。

経営母体は有限会社 ビッグ・フォー

ウェブサイトを見ていると、ホームは綺麗なサイトですが、詳細ページやブログの更新が滞っているようで、ここのところ余り上手く回っていなかったように見えます。

有限会社ビッグフォー

カレンダーには店舗改装工事の予定も入っていません。

有限会社ビッグフォー

Googleにアップされている2014年の画像と現在Googleマップに掲載されている2016年の画像では青から黒に色を変えたので雰囲気が違って見えますが、店頭にはオートバイが多数並んで、ノボリも立っています。

Google+

Googleフォト 2016TNR-2

これを見る限り、突然店を閉めることは想像は出来ません。

トライアンフ横浜北

オートバイを買う時は、その店の経営状態が健全かどうかも検討するべきかも

どうしても、店が近いかどうか、店員の感じ、価格、または2chでの書き込みをチェックする位で購入する店を決めてしまいがちですが、同じオートバイに乗り続ける以上はその店との関係を続ける必要がありますので、長く乗り続けるつもりの場合は、その店がこの先も存続できるかどうかも見極める必要があります。

とは言え、トライアンフ横浜のように突然夜逃げされることを事前に気付けるかと言えば、ほとんど不可能でしょう。

そうなると、メーカー直営店で購入するか(海外の二輪メーカーは倒産も珍しくアリませんので、メーカー直営だから安心とは言い切れませんが)、複数店舗を直営でチェーン店展開しているような会社で購入するなどすると安心です。

家から近い、店長がきさく、価格が安いなどなど、色々ショップを決めるポイントはありますが、今回のような事件を目の当たりにすると、これからの時代は「経営基盤の盤石さ」も重要なポイントになるのではないでしょうか。

元バイク乗りとして、トライアンフ新横浜に預けられたバイクが店舗内にそのまま保管されていて、顧客の皆さんの手に戻って来ることを心から祈っています。お金じゃないんです。新車も違うんです。自分が乗っていたそのバイクを返して欲しいという願いが叶いますように。

 - オートバイ, 生活, 防犯

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

電子体温計
水銀体温計は電子体温計よりも正確なの?
シュモクザメ
遊泳禁止 静岡県焼津市沖合にシュモクザメ出現
交通安全
横断歩道ではねられ男児3人重軽傷 宮崎市大塚町鵜ノ島の市道
ピーナッツ
ピーナツオイルでアレルギー
クラゲ
原因不明のアナフィラキシーは納豆が原因かも知れません
猛毒注意
猛毒「ウモレオウギガニ」発見 和歌山県すさみ町沖約300メートル
イチゴ
新鮮果物丸かじりで食中毒の可能性
Windows 10
マイクロソフト社が仕込んだ時限爆弾にご注意ください。
グーグルカレンダー
結婚記念日の管理もGoogleカレンダー
呼吸器
こどもの異物飲み込みに注意してください
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。