あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

再びトリプル台風 14号、15号、16号にご注意ください

      2016/09/20

昨日の雲の様子で間もなく15号が発生すると見ていましたが、15号になりそうと思っていた雲は16号になり、その直前に15号がベトナム・ラオスの上空辺りで発生し、西北西に進んでいます。14号・15号は大丈夫そうですが、16号は今後の発達と進路に警戒が必要です。

台風15号、16号が同時に発生、現在トリプル状態

昨日の時点では台風14号が発生しているだけでしたが、13日未明に15号と16号がほぼ同時に発生し、再びトリプル状態となっています。前回は9号、10号、11号でトリプルでしたが、12号と13号を挟んで、もう再びトリプルです。

今年の海水面は大きなエネルギーを持っているようですので、今年は

スーパー台風(風速70m/s以上)

の発生に警戒が必要です。

トリプル台風 14号 15号 16号

台風15号はひまわり8号からの画像では「台風の形」は分かりません。

台風16号は少しずつ「台風の形」をなしつつあります。

ひまわり8号からの画像 トリプル台風

元々あった台風14号は現在「猛烈な」強さにまで発達しています。

名称 MERANTI(ムーランティ)
強さ 猛烈な
速度 20km/h
中心気圧 905hPa
最大風速 中心付近で60m/s
最大瞬間風速 85m/s

既に中心気圧が905hPaまで発達。

台風14号は今後更に勢力を強める恐れがありますので、付近を航行する船は最大限の警戒をする必要があります。

現在、秋雨前線が本州の近くに停滞していますので、日本各地で一日雨の予報となっていますが、今後の台風の動向次第では、局地的に集中豪雨に見舞われる恐れがありますので、

  • 今シーズンの台風によって既に地盤が緩んでいる場所
  • 河川の堤防が損傷している場所
  • 防災地図(ハザードマップ)上で浸水被害が予想される場所

などでは、雨量に注意して頂き、避難情報が出た場合は勿論、避難情報が出ていなくても、

  • 付近
  • 近くの河川の上流域

での雨量が危険なレベルに達した時には、早めの避難を心がけてください。

台風16号の発達と進路にも十分な警戒が必要です

台風16号の進路予想は、台風14号の後を追うような形で台湾に向かって行くとされています。

トリプル台風 14号 15号 16号

しかし、前回のトリプル台風の時、沖縄を通過して西南西に抜けると予想されていた台風10号が迷走して、ブーメランの様に返ってきて上陸するというパターンを取りました。

YAHOO天気災害

迷走した台風10号と台風14号とは、発生位置も違いますし、発生後の軌跡も異なっていますので、日本に上陸する可能性は高くはないと思いますが、勢力が強いだけに今後の動向には注意が必要です。

迷走台風10号の軌跡

ハザードマップでリスクの確認を行いましょう

自分や離れて暮らしている大切な人の周囲にあるリスクをハザードマップで確認しましょう。

各自治体のウェブサイトにハザードマップは掲載されていますし、国土交通省のウェブサイト

国土交通省ハザードマップポータルサイト

から探すことが可能です。

国土交通省ハザードマップポータルサイト

是非活用ください。

台風17号が発生するかも知れません

台風16号の東に巨大な雲の塊が見えます。

微妙ですが、反時計回りに巻き始めているようにも見えますので、もしかしたら近いうちに台風17号か18号に発達する可能性があります。

台風の要件(※気象庁による定義)は、

  • 熱帯の海上で発生する熱帯低気圧
  • 北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在する
  • 低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上

を全て満たさなければなりません。

ギリギリですが、東経180度より西にありますので、成長して最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上になれば台風になります。

今後の動向から眼が離せません。

台風17号の卵か?

台風17号は未だ発生していません。16号の隣にあった雲の塊は消滅しかけています。

台風16号

ただ、台風16号は大きくカーブして、週末から来週にかけて日本に大きな影響を及ぼしそうな感じです。今後の動向に十分ご注意ください。

台風16号 JTWC予報図はJTWCのもの。

詳細はJTWCのサイトでご確認ください。

Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

9月17日の台風16号。台湾への影響が心配です。

台風16号

先程、台風16号が再び紀伊半島に上陸しました。当初の想定よりもかなり南寄りを進んでいて、東海・関東の太平洋側を舐めるように進んでいくと思われ、大雨による被害が心配されます。

各地に避難情報が出されています。

避難情報

登録されている方にはメールで各自治体からメールが届いていると思いますが、今一度お住いの地域の避難情報などを確認頂き、早めの対応をして頂くようにお願いします。

台風16号が大きな被害を残さずに去ってくれますように。

台風16号 現在の画像

気象庁の気象レーダーの降雨状況画像では近畿・東海エリアで激しい雨が降っています。下校や帰宅時間と重なるところも多いと思いますが、くれぐれも気をつけてください。

気象庁 気象レーダー

17:00現在の雨の状態。

関西は雨のピークが過ぎたようです。関東以北はこれから最大限の警戒が必要です。

台風による雨の状態

台風16号 気象レーダー画像

 

 - 安全, 生活, 防災

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ニット帽
雪遊びにはニット帽
意識喪失
運転中の意識喪失で死亡事故を起こした女性が無罪
ボールプール
ボールプールはノロウイルスなどの感染症に気をつけてください
ジカウイルス
Zika Virus(ジカ熱) アメリカとカナダでも感染が確認
ヒートテック
寒がり女子さんへ ユニクロの最終兵器あります
小惑星
小惑星2013 TX68が3月5日に地球へ最接近
スクラップ
掛川市の内科医師が当て逃げ・ひき逃げ
大麻
LINE(ライン)で大麻を受け渡し 京都大麻事件
雷雲
学校の神・雷対応
Insecam
Insecam問題 ウイルス「Mirai(ミライ)」感染にも要注意
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。