あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

それほどタフじゃない? CASIOのタフソーラー

      2017/01/12

新しいFROGMANが「MASTER OF Gシリーズ」から出ました。FROG MANは初代を持ってました。G-SHOCKの中でも特にずっしりくるその存在感。たまらんです。ただ、腕時計を着ける腕は1本から増えていないので、買い(え)ません。

もしFROGMANを買うとすると、「タフソーラーを使っているから電池代がかからない⇒ライフタイムコストで見ると高い買い物ではない」点を自分への言い訳に使いたいのですが、残念なことにタフソーラーはそれほどタフではないんです。

CASIOもコストの点には触れていません。「電池交換不要」と手間がかからないことを売りにしているようですが、実際には普通の電池と比べて手間がかからないかどうかもかなり怪しいです。

「電池交換不要=安い」「電池交換不要=楽」と思ってタフソーラーを積んだFROGMANなどのCASIO製品を購入検討されている方、今一度検討された方がいいかも知れません。

CASIOのタフソーラーがそれほどタフじゃない現実

今やFROGMANもタフソーラーを積んでいます。

過去に一度だけCASIOのPRO TREKでタフソーラーを使ったことがありますが、がっかりさせられました。

結局、PRO TREKもG-SHOCKも全てオークションで売るか、知人にあげてしまい処分しました。その後、電池式の5600を買い、それが現在唯一のG-SHOCK、そして唯一のCASIOです。(※こどもがBaby-G持ってます)

タフソーラーの何にがっかりしたかと言えば、

電池交換不要のタフソーラー

と宣伝しておきながら、実は定期的な電池交換が必要になるというところ。

僕のPRO TREKは購入してから6年位で液晶表示が消えました。

基盤でも逝ったかと思い、最寄りのサービスセンターに持ち込むと、

「二次電池が原因なので、電池を交換するだけで直りますよ。」

とさらっと言われました。

「電池交換不要と聞いていましたが?」

と尋ねると、

「はい、一次電池の交換は不要です。ただ、約5年に一度二次電池の交換が必要になります。」

CASIOのサイトにもその旨は書かれています。

Q&A(よくある質問と答え) タフソーラー製品は、メンテナンス不要ですか? (TOUGH SOLAR 全機種)

防水タイプの時計は、防水性を保つために定期的(2~3年を目安に)なパッキン交換をお薦めいたします。二次電池は、ソーラーパネルが受ける光により充電されますので、一次電池のような定期的な電池交換の必要はありません。ただし、二次電池は長期的なご使用や使用環境により容量や充電効率が低下しますので、充電しても「使用できる時間が短くなった」と感じたときは、修理に関するお問い合わせ窓口または、お買い上げの販売店にご相談ください。ご希望により保証期間経過後は有料で充電点検調整いたします。

出典:CASIOウェブサイト「Q&A(よくある質問と答え)」

もしこれが世界のCASIOでなければ「詐欺」と言われる可能性があるレベルだと思います。(※それもあってか、最近ではCASIOはタフソーラーについて「電池交換不要」とは謳っていません。)

これでタフソーラーが嫌いになり、そして少しCASIOも減点になりました。(嫌いにはなってませんが)

二次電池交換にかかるコスト

その二次電池ですが、CASIOのサービスセンターで交換すると3500円かかります。

交換する電池はCTL1616。アマゾンや楽天でも購入可能です。

価格は1500円前後。

交換することができる人は約1500円で交換可能です。

それが5年に一度。

ですが、一方普通の一次電池はいくらかと言えば、200円前後。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

CR2016P【税込】 パナソニック リチウムコイン電池×1個 Panasoni…
価格:180円(税込、送料別) (2016/8/3時点)

大きな価格差があります。

これをどう考えるか、ですね。

電力消費の大きいモデルはタフソーラーのメリットが大きくなります

PRO TREKやG-SHOCKの一部のモデルには、様々な機能がついているため、僕の5600と比べものにならないほど電力を消費するはずです。

因みに5600はバックライトが一番電力を使う程度で、特別な機能はありませんので、電池は10年以上もつとも言われています。(僕の5600も既に5年経過してますが、全く問題なし)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

カシオ Gショック G-SHOCK スピードモデル DW-5600E-1V メンズ
価格:7020円(税込、送料無料) (2016/8/3時点)

気圧計、方位計、水深計、温度計、タイドグラフ、GPSなどの機能は電力を多く消費します。

これを一次電池でまかなうとするとかなり頻回に一次電池の交換が必要になってしまいます。

また、アウトドアで使用する時計の場合、活動中の突然の電池切れは極力防ぎたいものです。

そんな用途の時計にはタフソーラーが便利で安心です。(再充電までの期間が次第に短くなっていくことが多いため、突然バッテリー切れになってしまうリスクが小さくなっているのはアウトドアウォッチとしては助かります)

仮に5年で二次電池の交換が必要になったとしても、

機能を使いまくると電池の寿命どんどん短くなっていってしまう

なんてことが起きないというのは心強いとは思います。

電池の消耗を気にせずにガンガン使えるというのもアウトドアウォッチとしては素晴らしい特徴です。

下の5610にはタフソーラーを積んでいますが、これは液晶表示が反転なのと、GPSが搭載されているためで、特別な機能がないモデルにはタフソーラーは必要ありません。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

GW-M5610-1BJF G-SHOCK 電波 ソーラー カシオ Gショック …
価格:15120円(税込、送料無料) (2016/8/3時点)

店員の説明を聞いて、

「電池交換が要らないのならタフソーラーがいいかも。」

と思われている方、もう一度良く検討してみてくださいね。

 - グッズ, 時計, 電池

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

JINS 花粉カット
キッズ用花粉対策メガネはJINSが一番
自転車のチェーン
自転車のチェーン、泣いていませんか
バーベキュー
バーベキューのトングが原因で食中毒
オートバイ整備
ドライブチェーン潤滑はエンジンを止めてから
うつ伏せ寝
ウェアラブルデバイスで防げ 保育中の事故死
太陽
光線過敏症(日光アレルギー)にご注意ください
瞑想
Windows 10のクラッシュでリカバリして得た悟り
NOスパム
スパム「2億1000万の遺産譲渡」
光るびゅんびゅんマスター
光るびゅんびゅんマスターで眼球破裂の事故
管楽器
楽器と金属アレルギーの深い関係
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。