あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

運転席横のウィンドウに日除けは付けられません

   

自動車運転中の日焼け、気にされる方が多いですね。わが家の車のウィンドウはUVカットなので、助かっています。多少は焼けますが、それでも無いのと比べたら雲泥の差です。

紫外線対策でしょうか、運転席横のウィンドウにタオルを挟んで運転されている方がいますが、死角が増えて危険ですし、そもそも違法なので止めましょう。警察に呼び止められることがない=OKな訳ではなく、見逃されているだけですので、切符を切られる日がそのうち来ます。

運転席横のウィンドウの日除けは違法なの?

道路交通法第55条2項に、

第11節 乗車、積載及び牽引
(乗車又は積載の方法)
第55条 2 車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

とありますので、日除けだけではなく、運転者の視界(ミラーも含む)を妨げる全てのものが違反になります。カーテンでも、タオルでも、濃いフィルム(着色フィルムを貼り付けた状態での可視光線透過率が70%を超えるものはOKです)でも同じです。

日除け効果を出すには透過率が70%を超えることはありませんから、違法です。

でも運転中に浴びる有害な紫外線は確かに気になります

そんな時は車にではなく、運転者がUVカットするのが一番安心です。違法覚悟でウィンドウに日除けをしても、ドアを開ければ紫外線が降り注いできます。車中でも、車外でも紫外線からガードするには、運転者のUVカットがベストです。

運転中のサンバイザーも違法になる恐れがあります

ガッチャマンのようなサンバイザーを付けた年配の女性が運転しているのを見ることがあります。サンバイザーによって十分な視界が確保できていないと判断されれば切符を切られます。仮に切符を切られないとしても、十分な視界が確保できなければ事故を起こす危険性が高まります。

先日はパーカーのフードを被って、顔の半分位が隠れる位のサングラスを掛けた女性も見かけました。(過去記事「暴走高齢B-girlに注意」も読んでくださいね)重大事故を起こせば、もうお肌のケアなどしていられなくなります。紫外線の怖さは僕も分かります。安直にサンバイザーやパーカーのフードで日除けをせずに、直接肌にUVカットクリームを塗って、紫外線対策を行いましょう。少し手間はかかりますが、それが一番確実で、一番安全ですよ。(しかも合法です!)

あとがき

サイドミラーを折り畳んだままで走行している方(高齢者)を何度か見ました。全くサイドミラーを確認せずに走っているひとがいるかと思うと安心して走ることができません。自衛以外に、何とかならないもんでしょうか。

 - ドライブ, 交通安全, 生活, 自動車

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

rain symbol
長崎県五島市などで50年に一度の記録的大雨
イチゴ
新鮮果物丸かじりで食中毒の可能性
細菌寄生虫禁止
寄生は致命的 芽殖孤虫とマンソン裂頭条虫
窃視症
のぞきや盗撮が止められないのは窃視依存症かも
爆発注意
Nexus5が今熱い
眼
眼の粘膜からインフルエンザウイルスに感染するのか問題
正義
教員免許に点数制度による免停と免取りを導入すべき理由
Insecam
宿泊施設「静山荘」のフロント映像が公開されています Insecam
テニス
錦織圭選手 コートの外でもエアケイか
イルカ
明日の9月1日に学校へ行きたくないあなたへ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。