あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

こどもの目こそサングラスで保護しましょう

      2019/06/13

こどもは日焼けしてなんぼ的な時代もありましたが、今はこどもも日焼け止めクリームを使う時代になりました。でも、目の紫外線対策はほとんど考えられていません。

こどもの目も紫外線で傷つきます

黄色人種の目は色が濃いのでサングラスは不要だと言われるひともいますが、眩しく感じにくいだけで、紫外線で傷付かないわけではありません。皮膚の日焼けと同じです。

学校体育の水泳の授業でゴーグルの使用も特別な事情がない限りは許されていませんでしたが、漸く最近普通にゴーグルを着けられるようになりました。多くのゴーグルにUVカット機能があるので水泳の時は安心ですが、その他の時は強烈な紫外線に曝されています。

こどもにもサングラスをかける権利を!

サングラスは大人だけに許された特権になっていますが、そろそろこども達にもサングラスを着ける自由を与えませんか。

古い世代は「サングラス=不良」のイメージが消えないと思いますが、若い世代はそんな偏見も薄れてきています。「サングラス=不良」ではなく、「サングラス=目の保護」だということを主張して、こどもが通学でもサングラスを掛けられる時代を作りましょう。

こどもの目を保護するために今できること

通学時にサングラスを掛けられる時代もいつかは来ると思いますが、当分は難しいでしょうね。手をこまねいているのも悔しいので、できることからやってみませんか?

  • 視力に問題がある場合は、早めにUVカットレンズでメガネを作ってしまいましょう(メガネなら文句は言われません。)
  • 花粉症がある場合は、登下校時だけ花粉カットグラスを掛けさせてもらいましょう(レンズがUVカットのものを探せば、サングラスと同じです。運動する時に掛けたままでいると衝突時などに目の周囲を切る恐れがありますので、運動時には必ず外す必要はあります。)

賛否両論があると思いますが、UVカットレンズの伊達メガネを作ってかけさせる手もあります。登下校中だけ。出来そうですが、こどもにさせる勇気はありません。

花粉症ではないのにUVカットレンズの花粉カットグラスを掛けてしまうのも手です。こちらも登下校中だけ。伊達メガネよりはスレスレ感は少ないですが、花粉が余り飛ばない時期に掛けるのは難しいです。

簡単そうで案外難しそうです。

文部科学省や日本眼科学会が推奨するのを期待しています

上が推奨してくれれば問題は解決します。気長に待っています。

通学時にサングラスを掛けられるようになるのは直ぐには無理ですが、帰宅してからは自由です。中高年で白内障手術を受けなければならなくなるかどうかは、若い頃の紫外線対策も大きく影響します。是非こどもの頃からサングラス(色はなくてもOK)を掛けて、目を紫外線から守りましょう。

 - グッズ, 生活, 育児

  関連記事

高齢運転者標識
福岡市博多区の原三信病院にプリウスタクシーが突入した死傷事故を防ぐには STOPペダル
夢湖観光
再び観光バスの事故 環8で信号機に衝突
伝染性単核球症
声優の松来未祐さんの命を奪ったCAEBVにご注意ください
踏み台
破損転倒事故発生 樹脂製踏み台(折り畳み式)には注意しましょう
洗濯物
洗濯物の生乾き臭を防ぐ工夫
Insecam 防犯・監視カメラの設定を急いでください 事務所編
Insecam
お寺の防犯カメラ映像が公開されています Insecam
JINSロゴ
JINSオンラインショップでメガネを買う時の注意点
餅
お餅を喉に詰まらせて救急搬送される前にすべきこと
汗
熱中症予防 汗は直ぐに拭いてはいけません
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。