あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

不安の連鎖 世界同時株安

   

中国は官民合わせて4兆元(約80兆円)という巨額の株式市場介入を行ってきましたが、市場を歪めるという批判を受けて、介入の手を緩めました。その結果、中国の投資家の大半を占める未熟な個人投資家は失望し、それが中国での大幅下落を引き起こしました。(4兆元が無駄になったとも言われますが、それがなかったらもっと大きな惨事を招いていたかも知れず、それはそれで役に立ったのだと思います)

中国の株下落は一時的なものでは済みません

中国の株式市場の活況は中国内の経験の少ない個人投資家が踊らされていた作り上げていた部分がかなりあります。ブームとはどこの国でもそんなものかも知れませんが、中国の場合は人口が多いので、膨れ上がる時のインパクトも大きいですが、萎む時のインパクトも非常に大きくなります。

日本で爆買いする訪日中国人を見て、中国経済の活況度合いに驚いた人も多いと思いますが、中国内では貧富の差が絶望的に開いています。そんな中で株式投資して自分も勝ち組になろうとした大勢の人が失望することで、株式市場以外にも大きな影響が出てしまいます。この先、中国内の消費にも陰りが出るはずです。

人民元切り下げで中国の製造業は一時的に国際競争力を取り戻しましたが、必ず反作用が出ます。多くのメーカーが既に中国以外への工場移設を進めています。海外へ生産拠点を移し過ぎたことによる自国内の空洞化に対する反省もあり、自国に工場を戻すメーカーもあります。この流れは恒久的とまでは言いませんが、長期的な流れで、人民元を切り下げた程度では変えることはできないでしょう。

不安の連鎖は中国外にも影響を及ぼし始めています

中国の個人投資家から始まった不安の連鎖が、アメリカや日本にも広がっています。

少し前まで「中国関連は儲かる」として我先にと押しかけている感がありました。しかし、アジアだけではなく世界で影響力を強める中国に対してアメリカなどが懸念を示すようになってきて状況は変わりました。

ちょうど潮時的な時期でもあったので、単なる株式市場における不安というだけではなく、中国経済・政府に対する全般的な不安感が噴き出す形になり、今回のアメリカでのパニック売りに繋がったのだと思います。

この不安を取り除くために新たな介入をするかどうか

中国による株式市場への介入や人民元切り下げには大きな批判が起こりました。「市場を歪める」と。しかし、その影響が自分達に及び始めると米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ中止や中国政府による景気対策が期待したりするかも知れません。

中国市場が巨大で影響力が非常に大きいことは紛れもない事実です。景気が後退しても、世界の工場としての機能が薄れたとしても、影響力が大きく減少することはありません。

今後は中国とどのように付き合って行くべきなのか、見直しを図る時期に来ています。

注:「中国」とは政府や市場のことで中国の人ではありません。国家間で解決すべき感情的な問題は残されていますが、個人個人としては、中国の人とは今までも友人ですし、これからも友人です。ここに変わりはありません。

 - 安全, 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

救急救命
イオンモールで体調不良
いじめ反対
いじめの対応に感情を入れるのは危険です
チャイルドシート
チャイルドシート非着用の死亡率は適切な着用の16倍
カッターナイフ
教師による脅迫事件 カッターナイフを生徒の口に突きつける
通用口
裏口入学と通用口入学
RSウイルス
RSウイルス感染症が流行の兆し
US Navy
やはり「墜落」だった 米海軍はオスプレイ事故をクラスAに分類
金庫
京大生 家庭教師先で窃盗し逮捕
給水
のどが渇いたと思うより前のこまめな水分補給は却って危険です
ぬいぐるみ
ぬいぐるみはダニのユートピア 愛着すればするほど大発生
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。