あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

シミの冤罪「それでもわたしは開けてない」

   

本棚から本を取り出すと時々銀色の小さな虫が走り回ることがあります。あれがシミです。漢字では「紙魚」と書き、IMEでも変換されますが、余り知られていません。銀色でくねくね動くので、英語では「silverfish」と呼ばれています。

シミの生態

屋外にも屋内にもいます。屋内では紙や乾物を食べるので軽い食害があります。病気を媒介するという報告はありませんので、害は軽微な食害程度ですが、見た目の気持ち悪さで、初めて見たひとはかなりショックを受けます。

漢字では紙魚と書き、実際に紙も食べます。そのことから、古い書籍や古文書に穴を開ける犯人がシミだと思われがちですが、真犯人は「シバンムシ(death-watch beetle)」という甲虫の幼虫です。シミは見た目通り力がないので、紙や乾物の表面を舐めるように食べます。紙がハゲたみたいになっているのがシミの仕業です。食害自体は非常に軽微なんですが、この「舐めるように」が余計に気持ち悪さを高めてしまいます。哀れなシミ。

ひとへの害

ほんのわずかな食害があるだけで、ほとんど不快害虫です。ですが、気付かないひとも多いので、不快害虫の中でも特に影の薄い虫です。僕の奥さんも結婚して僕が見せるまでは存在を知りませんでした。「あんたのお陰で知らないでいいことを色々知ってしまった」と良く言われます。

でも、もし枕元で逃げていくシミを目にしたらシラミがいたんじゃないかって思ってしまうかも知れません。こどもにも教えておこうと思っているんですが、引っ越し後に全く見なくなってしまい、見せる機会がありません。見たい時にいない、シミらしいです。

生きた化石的存在

昆虫と言えば、体が3つに分かれて、脚は6本、そして羽があると小学校で習いますが、シミには羽がありません。非常に原始的な昆虫だと言われています。

見た目がちょっと気持ち悪いだけで、大した害もありませんので、今度見付けた時にはティッシュでつかんでゴミ箱に捨てないで、ちょっと観察してみませんか?

 - 健康, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

NOスパム
まいかだよ!わかるかなぁ?
偽Apple
脱獄iPhoneは偽物? 販売で逮捕者
富士山麓四季の水
「富士山麓四季の水」も臭素酸混入問題で回収
ピサの斜塔
旭化成建材による杭打ち不正問題
ボールプール
ボールプールはノロウイルスなどの感染症に気をつけてください
カッターナイフ
教師による脅迫事件 カッターナイフを生徒の口に突きつける
カエンタケ
カエンタケ 触るだけでも危険な猛毒キノコ
爆弾
Windows10の無償アップグレードは7月29日まで
ピーナッツ
ピーナツオイルでアレルギー
杖
冠水時の避難には杖を使うと安全です
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。