あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

いじめ 親同士が知り合いの場合はどうするべきか

      2019/06/12

実家に帰省した際、姪がいじめにあっていることを知りました。

この春、中1になったばかりで、もういじめられるなって地獄です。

いじめているのは、弟夫婦の共通の知人の娘さんで、姪と同じ中学の3年生で、部活の先輩。

態度が気に入らないとして、仲間数人で姪を呼び出して、ボコボコだそうです。

親同士の関係を気にしている場合ではありません

姪からいじめられている事実を聞かされた弟夫婦は、その親が知り合いだったため、何もせずに様子を見ていたそうです。

様子を見ているうちに、いじめは部活を通じて伝播して、クラスでもいじめが始まってしまいました。

姪が泣きながら公衆電話から弟の携帯電話に電話をかけて来たことで、漸く重い腰を上げて、学校へ相談に向かったそうです。

こどもの喧嘩には親が出るな

とも言われます。(僕はそうは思っていません。全部ではありませんが。)

ただ、いじめは犯罪です。

上級生が数人で呼び出して、ボコボコにするというのは犯罪以外の何物でもありません。

それを「関係が悪くなると困るから」と手をこまねく親は、いじめ犯と同じ位に罪が重いかも知れません。

これで関係が悪くなるような相手とは決別した方がいいのではないかと思います。

知人はこの先いくらでも作れます。

ですが、こどもはこの世にたった一人。

親が守ってやらずに、誰が守ってやるのですか。

ただ、関係性によっては親もトラブルに巻き込まれる覚悟が必要

知人がどんな知人かによって親が巻き込まれるトラブルも変わってきます。

  • もし、購入した一戸建ての隣に住む知人だったら
  • もし、上司だったら
  • もし、モンスターペアレントだったら

町内で村八分などの「いじめ」にあう可能性があります。

職を失う、または職場で不利な扱いを受ける可能性があります。

執拗な嫌がらせを受けて、今住んでいる家に住めなくなる可能性があります。

それが嫌で、手をこまねく気持ちも分かります。

ですが、それ以上に嫌で苦しい思いをこどもはしています。

親には

  • 役員(上司の上司)
  • 労働基準監督署
  • 警察
  • 弁護士
  • 教育委員会/文部科学省(※私学は例外)

など、色々頼る先もありますが、こどもには親が頼りです。

こどもにとって学校は、世界のほとんど全てです。

その学校でいじめにあえば、世界に絶望してしまいます。

こどもにとってのいじめの重さを理解してあげてください。

その上で、こどもと痛みを分け合う覚悟で、断固たる態度でいじめに立ち向かってください。

 - 学校等, 安全, 小中高, 生活

  関連記事

ドナルド・トランプ
トランプ大統領誕生の気配 優勢が続く
アライグマ
自宅に侵入したアライグマを捕獲してしまったら
飛び込み
水泳の授業で飛び込み 首を骨折
シークレット
私立霞ヶ浦高校の暴力教師が生徒の頭に計7針縫う暴行
鍵
退職した職員が鍵を複製して窃盗に入るリスク
覗き窓
ドアの覗き窓からの逆覗きに注意しましょう
犯罪
求むバウンティハンター 匿名通報ダイヤル
カメラ映像がありません
Insecam 登録カメラ件数がようやく3000を切りました
自転車事故
道路交通法改正 自転車保険入ってますか
うなぎ
日本にも存在した恐怖の毒うなぎ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。