あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

一部薬用・抗菌石鹸に対して厚生労働省から成分切り替え通知

   

昔愛用していたミューズと現在愛用中のキレイキレイが対象かどうかが気になってます。

厚生労働省は薬用・抗菌石鹸の19成分について通知

9月30日、厚生労働省から通知が出されました。

国内で医薬品医療機器法に基づき厚生労働大臣の承認を受けて国内で医薬部外品の「薬用せっけん」として販売されている約800品目のうち、米食品医薬品局(FDA)が「通常の製品より抗菌効果があるとの根拠がない」と販売を禁止する原因となった19成分を含む薬用・抗菌石鹸に対して、1年以内に

  • 代替品の承認申請
  • 承認の取り下げ申請

をするように都道府県に対して通知を出しました。

ただ、業界では既に代替品への切り替えが進められていますので、厚生労働省ではその動きを見ながら、実情に合わせて通知を出したようですので、業界に大きな混乱は無さそうです。

米食品医薬品局(FDA)が禁止した19成分

19成分は以下の通り。

# 成分名
1 Cloflucarban ( クロフルカルバン、ハロカルバン)
2 Fluorosalan (フルオロサラン)
3 Hexachlorophene ( ヘキサクロロフェン)
4 Hexylresorcinol ( ヘキシルレゾルシノール)
5 Iodine complex (ammonium ether sulfate and polyoxyethylene sorbitan monolaurate)
6 Iodine complex (phosphate ester of alkylaryloxy polyethylene glycol)
7 Nonylphenoxypoly (ethyleneoxy) ethanoliodine
8 Poloxamer-iodine complex
9 Povidone-iodine 5 to 10 percent
10 Undecoylium chloride iodine complex
11 Methylbenzethonium chloride ( メチルベンゼトニウムクロリド、塩化メチルベンゼトニウム)
12 Phenol (greater than 1.5 percent) ( フェノール)
13 Phenol (less than 1.5 percent) ( フェノール)
14 Secondary amyltricresols
15 Sodium oxychlorosene
16 Tribromsalan (トリブロムサラン)
17 Triclocarban ( トリクロカルバン、トリクロロカルバニリド)
18 Triclosan ( トリクロサン、トリクロロヒドロキシジフェニルエーテル)
19 Triple dye

出典:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000138223.html

馴染みのない成分が多いんですが、それぞれ調べると、殺菌・抗菌効果がある化学物質のようです。

が、その性質を活かして医薬部外品の「薬用せっけん」以外にも、

  • 化粧品
  • シャンプー

などにも使われているようなんですが、医薬部外品の「薬用せっけん」以外の製品への対応についても気になるところです。

ミューズとキレイキレイには何が含まれているのでしょうか?

先ずは、昔お世話になっていたミューズから。

成分一覧表を確認するまでもなく、製造・販売元のレキットベンキーザー・ジャパン株式会社からしっかりしたお知らせが出されていました。安心ですね。

トリクロカルバンを含む当社石鹸製品について(一部抜粋)

対象製品としては、該当成分(トリクロカルバン)が含まれている、ミューズ固形石鹸(レギュラー(販売名:ミューズ BH-a)、マイルド(販売名:ミューズ BH-m))について対応を行って参ります。その他のミューズ製品及び、現在当社が日本で販売している製品に、トリクロカルバンが含まれているものはございません。なお、当社はトリクロサンについては石鹸製品に使用しないという取り組みを何年も前から行っております。

出典:トリクロカルバンを含む当社石鹸製品について 

そして、現在お世話になっているキレイキレイ。

キレイキレイ

特にお知らせは出ていません。製品情報サイトではなく、LIONのサイトのIRやニュースリリースも確認しましたが、特に説明はありません。

成分情報としては、

キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ シトラスフルーティの香り

有効成分
イソプロピルメチルフェノール

その他の成分
PG
ソルビット液
ラウリン酸
ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液
水酸化K
ミリスチン酸
モノエタノールアミン
ラウリルジメチルアミンオキシド液
香料
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液
EDTA
ポリスチレンエマルション
安息香酸塩
赤401

出典:LION キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ シトラスフルーティの香り 成分情報

キレイキレイの抗菌・殺菌の有効成分は

イソプロピルメチルフェノール

で、FDAが販売を禁止した石鹸に含まれる19成分には該当しません。

ただ、#12と#13でフェノールが対象になっています。イソプロピルメチルフェノール(別名:チモール)は、C10H14Oで、

 

チモール

で、フェノールはC6H5OHで、

フェノール

となっていて、チモールはフェノール類に含まれています。

多分、#12と#13はフェノール類ではなく、フェノールを指していると思いますので、イソプロピルメチルフェノールは対象外になるのでしょう。

きっとキレイキレイは今のままです。LIONが自主的に別の成分に切り替える可能性もありますが、色々検討した上で敢えて昔から存在しているチモール(イソプロピルメチルフェノール)を選んでいるようですので、多分切り替えはないと思います。

有効成分の切り替えよりも、そもそも薬用・抗菌石鹸って必要なのでしょうか?

今回、FDAも厚生労働省も19成分が有毒だとして制限をかけた訳ではなく、

「通常の製品より抗菌効果があるとの根拠がない。」

というのが理由になっています。(※ただ、#18のトリクロサンは環境ホルモン効果があり、皮膚からの吸収によって人体に影響を及ぼす恐れがあるとしてEUでは使用が禁止されています。)

トリクロサンが使用されている製品を検索(ケンコーコム) GUMが出てきて、超ショック。。。

挙げられた19成分に効果がないから、有害だから、という理由ではなくて、

普通の石鹸でも十分に効果があるんだから、敢えて化学物質入れて環境汚染を悪化させる必要なくない?

ってことだと理解しています。

きっと石鹸って凄くよく出来たもので、菌を殺したりできなくて、石鹸の成分で洗い流すことで十分に目的は達成できるということなのでしょう。

そうなると、FDAの決定は納得できますが、日本の厚生労働省の決定はなんだかなーと思ってしまいます。

19成分以外の有効成分を探して作り直してください。

という業界団体の反発を恐れて日和見的な態度をとるのではなく、ここはFDAと同じ

薬用・抗菌・殺菌石鹸でなくたって同じ効果が出ますよ

という態度を取って欲しかったところです。

ただ、19成分ある中からタイトルに

トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します

とEUで禁止されているトリクロサンを持ってきているところは、何らかの考えがあるようなので、今後の進展を見守りたいと思います。

抗菌・殺菌に神経質になり過ぎるのと、有効成分を気にし過ぎるのとは大きな違いがありません

行き過ぎた清潔ブームが抗菌・殺菌を謳う製品の氾濫を招いてしまいました。

清潔は衛生管理には重要な事ですが、何事も程度が必要です。

O157やノロウイルスなどを完璧に取り除こうとすると、皮膚の上の常在菌が死んでしまい、却って悪玉菌がはびこる素地を作ってしまい、皮膚の炎症や皮肉な事にO157やノロウイルスなどによる食中毒のリスクを上げてしまうことに繋がってしまう恐れもあります。

かと言って、石鹸や食品など、日常的に使用・消費する様々な製品中の化学物質が安全かどうかを気にし過ぎることも、QOLを下げてしまうことになりかねませんし、適切な衛生管理が出来なくなってしまう恐れもあります。

結局、何事もバランスが肝心です。

今回の一件で、殺菌・抗菌ブームからアンチ化学物質ブームが起きてしまわないかとちょっと心配でしたが、比較的冷めた眼で見られているようなので安心しました。

殺菌・抗菌ブームに水が差されて、そして有効成分にもそれなりの警戒が払われるようになれば、FDAや厚生労働省の対応は意味があったのではないかと思います。

それはそれとして、キレイキレイはこのまま今後も使用するとして、EUが禁止しているトリクロサンを含む、というか、トリクロサンが主有効成分になっているGUMを使い続けるべきかどうかは非常に悩ましい問題です。

一応念のためGUMの有効成分を調べてみたら、

ガム・デンタルリンス[液体ハミガキ]の成分情報

薬用成分

  • 塩化セチルピリジニウム(殺菌剤CPC)
  • グリチルリチン酸2K(抗炎症剤GK2)
  • 塩化ベンザルコニウム(殺菌剤BKC)

出典:SUNSTAR ガム・デンタルリンス[液体ハミガキ]の成分情報

とケンコーコムさんで書かれている成分表と異なり、トリクロサンは含まれていません。

一方、ケンコーコムさんでは、

成分

湿潤剤:グリセリン、PG/可溶化剤:ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油/防腐剤:安息香酸塩/薬用成分:酢酸トコフェロール(ビタミンE)、塩化セチルピリジニウム(殺菌剤CPC)、トリクロサン(殺菌剤TC)/香味剤:香料(ハーブミントタイプ)、サッカリンナトリウム/pH調整剤:クエン酸ナトリウム/清掃助剤:ココイルアルギニンエチルPCA(CAE)

出典:ケンコーコム GUM(ガム) 薬用 デンタルリンス ノンアルコールタイプ 960ml

恐らくEUでの決定を受け、GUMの有効成分は見直しをしたんですが、ケンコーコムさんが古い成分表をそのまま使ってしまっているんだと思います。

ケンコーコムさん、要修正ですよ。

という訳で、少しドタバタしましたが、GUMも使い続けます。

が、クチュッペ(名前が嫌い。。。)を買ったので、こちらも試してみようと思っています。

クチュッペ 8020

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クチュッペ L-8020 ソフトミント(500mL)【クチュッペ(Cuchupe)】
価格:680円(税込、送料別) (2016/10/3時点)

有効成分が良く分かりません。

8020という乳酸菌が売りなんですが、その他はこんな感じ。

クチュッペ 8020

  • グリチルリチン酸2k(甘草から抽出される成分で、炎症を抑制する作用)
  • セチルピリジニウムクロリド(塩化セチルピリジニウム:、ブドウ球菌を始めとしたグラム陽性バクテリアに対する強い殺菌作用があり)
  • デキストリン(水溶性の食物繊維?)

有効成分は特に気になるものがなかったんですが、保存剤の

メチルパラベン

だけがちょっと気になりますが、気になる程度に留めておこうと思います。

もうキリがないですから。。。

 - グッズ, 保育園・幼稚園, 健康, 化学物質, 学校等, 安全, 小中高, 生活, 病原菌, 美容・健康グッズ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

シュモクザメ
遊泳禁止 静岡県焼津市沖合にシュモクザメ出現
Insecam
Insecam 質屋の防犯カメラ映像が誤公開
カメラ映像がありません
Insecam 登録カメラ件数がようやく3000を切りました
NO
仕事中のアダルトサイト閲覧で処分
立命館守山高 教諭のわいせつ事件を副校長がメールで口止め
交通安全
旗当番でケガをした場合の保障について
android
スマホのスクリーンショットの取り方 Android4.0以降
瓢箪
干瓢(かんぴょう)は干したひょうたん(瓢箪)ではありません
ポテトチップス
発がん性があるかも知れない食品中のアクリルアミドにご注意ください
高齢運転者標識
93歳がひき逃げ 超高齢化社会の闇
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。