あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

タカタ製エアバッグリコール 累計1億個に

   

タカタ製エアバッグ 米国で4000万個の追加リコール

5月4日、米高速道路交通安全局(NHTSA)はタカタが最大で約4000万個のエアバッグを追加リコールすると発表しました。

アメリカでは、タカタ製エアバッグの欠陥が原因とみられる事故で、これまでに10人が死亡、100人以上がケガをしていて、米高速道路交通安全局(NHTSA)は米国民を守るためには追加リコールが必要と判断しました。

タカタ製のエアバッグが作動する時、正常に膨らまずに破裂してしまい、金属片が飛び散るなどの不具合が確認されていますが、その原因としては、

  1. 火薬の硝酸アンモニウムに乾燥剤が入っていない
  2. 湿気を防ぐ設計が不十分だった
  3. 高温多湿の気象条件で長く使った

が挙げられていますが、今回は

乾燥剤なしのインフレーター(エアバッグを膨らませる部品)の全て

がリコール対象にされました。

このリコールは2019年までに実施されることになっています。

今回の追加リコールでタカタのリコール累計は1億個に及びます

アメリカでは既に約2900万個のエアバッグがリコール対象で、今回の追加リコールによって累計7000万個近くになります。

そして、世界では累計1億個に達します。

タカタが製造した乾燥剤なしのインフレーターのほぼ全てがリコール対象になりました。

改修にかかる費用は、最大で3兆円とも言われていますが、最低でも1兆円は下らないと見積もられています。

第13期定期株主総会を6月末に控え、現在は最終的な詰めを行っていると思いますが、最大3兆円とも言われる債務を抱えた状態で、どのような判断が下されるのか、気になるところです。

2010年に2.3兆円の負債を抱えて日本航空(JAL)が会社更生法の適用を受けましたが、それと同じ道を避けることは難しいように思います。

ただ、タカタには技術もありますし、経営に大きな瑕疵があった訳でもありませんので、自動車メーカーや金融機関の支援のもとで再生してくれると期待しています。

エアバッグの改修を責任を持って終わらせるためにも、再生はタカタの義務でもある訳ですから、早い段階で結論を出して、再生に向けて動き出して欲しいと思います。

 - リコール, 交通安全, 安全, 生活, 自動車

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

シカ
奈良のシカ せんべいあげて ダニもらう
注意
帰省した実家でもこどもの事故に注意してください
正義
札幌市の弁護士 中2女子を買春容疑で逮捕
いじめ反対
いじめ 親同士が知り合いの場合はどうするべきか
扇風機
扇風機をつけて寝ると死ぬってホント?
乾電池
使用済み乾電池で発火事故
四輪駆動車両
吸盤式サイドアンダーミラーでも合格 神奈川事務所
応急処置
応急処置 こどもがアルカリ乾電池を飲んでしまった
腸内細菌科
カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)の危険性
花畑
自然分娩と帝王切開
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。