あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

自宅に侵入したアライグマを捕獲してしまったら

   

ラスカル世代ではなくても、アライグマって「かわいい」ですよね。 僕はラスカル世代ど真ん中ですので、アライグマ大好きです。でも、同時にアライグマの怖さも知っています。

環境庁によるとアライグマによる農作物や文化財などへの被害は年間数億円にのぼるそうです。アライグマの数は増えていますので、今後も被害額は増える一方です。また、農作物などへの被害だけではなく、アライグマは

  • 狂犬病(イヌ科なので狂犬病にかかります。)
  • レプトスピラ症(人にも感染しますが、飼い犬が感染すると死ぬ可能性が高いです。)
  • アライグマ回虫症(視覚障害や死亡する恐れがある危険な寄生虫です。)
  • アライグマ糞線虫症(皮膚炎や腸管寄生を起こします。和歌山で捕獲したアライグマの約3割で確認されました。)

などの病気や寄生虫を媒介するという問題もあります。

アライグマは特定外来生物ですので、駆除する必要があります。駆除ということは、捕獲したら殺処分されます。どんなに可愛くても法律で決まっていますので仕方がありません。

アライグマを捕獲した場合は役所に連絡しましょう

市役所や村役場に連絡しましょう。農政課かそれに該当する部署があればそちらに回してもらうと話が早いと思います。

兵庫県西宮市の場合は、農政課に連絡をすると、回収日(土曜、日曜、祝日及び夜間は除きます)を教えてくれますので、その日までアライグマを自宅で保管して、回収日にその場で殺処分されます。

兵庫県西宮市役所 農政課の対応について(市役所のウェブサイト)

必要に迫られていないと「ふむふむ」と軽く読み流してしまいますが、ここには非常に注意すべき点があります。

  • 捕獲したアライグマを市役所に運ぶことはできません(外来生物法によって移動が禁止されています)
  • 回収日まで自宅で保管しなければなりません(エサや水を与える必要があるかも知れません)
  • 自宅で殺処分されます(法律で移動が禁止されていますので、殺してからしか回収できません)

捕獲されたアライグマは適切な方法で殺処分されなければなりません

また、西宮市役所のウェブサイトには書かれていませんが、

で、アライグマが不要に苦しむ方法で殺処分してはいけないことになっています。2015年5月に環境省福岡事務所が適切な殺処分を行う設備がないことを理由に冷凍庫で捕獲したアライグマを殺処分したとして問題になっていたのを記憶している方もいるかも知れません。

兵庫県西宮市では、檻に入ったアライグマを檻ごと大きな袋に入れて、二酸化炭素を入れて窒息死させることになっています。酸欠にさせて殺す訳ですので、それほど「安楽」ではない死だとは思いますが、冷凍庫で凍死させるよりは苦しまずに済むとは思います。

恐らく二酸化炭素により酸欠死が最低ラインだと思いますので、溺死や火あぶりはもってのほかです。

市役所によっては「そちらで処分してください」というところがあるらしいです

知人から聞いた話ですが、アライグマが建物内に侵入してしまったので、箱に追い込んで捕獲したんだそうです。

それで市役所に電話をすると、

「そちらで処分してください」

と言われたので川に沈めよう(←違法です)かと考えている間に結局は箱から逃げて、建物外に出ていったとのこと。

知人は当事者から直接聞いているので、ネタとかではないと思います。市役所、または担当者によってはこんな回答をするところがあるようですので、注意が必要です。

地方自治体の農政課や動物愛護センターなどが「処分」を対応してくれることになると思います。多くは兵庫県西宮市のように予定を決めて、捕獲した場所で二酸化炭素を使って殺処分することになるのでしょう。業者に委託している自治体もあるかも知れません。

でも、捕獲自体は請け負ってくれないところが多いと思います。西宮市も捕獲箱を貸し出して、捕獲は市民が行うことになっています。

捕獲はしてくれないまでも、処分はしてくれるはずですので、

「そちらで処分してください」

と言われた場合は、別の部署に確認してもらうようにお願いしてみましょう。もし、それでも何もできない、そちらで処分してくれと言われた場合は、

環境省の地方環境事務所

に連絡しましょう。

素手で網での捕獲は止めましょう

アライグマは見た目と違って、かなり凶暴で、危険な動物です。牙や爪で怪我をする可能性が非常に高く、怪我をしたり、接触した場合に、病気や寄生虫をうつされる恐れもあります。

既に建物内に侵入されてしまっている場合も含めて、

  • 地方自治体(市役所・村役場など)
  • 環境庁の地方環境事務所

に先ずは相談するようにしましょう。

 - 動物, 安全, 生活, 病原菌

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

緊急避難所
軽井沢バス転落事故 ギヤがニュートラルで制動不足か
花火
花火大会 空からの落下物にも要注意
イボガエル
冤罪事件「イボガエルを触ってイボができた」
毒
スイセンの誤食に注意してください
仙台市
文部科学副大臣が仙台市教育委員会を批判と指導
一部薬用・抗菌石鹸に対して厚生労働省から成分切り替え通知
スズメバチ
林間学習にエピペンを持っていくべきかどうか
カッターナイフ
教師による脅迫事件 カッターナイフを生徒の口に突きつける
洪水
洪水の時は慣れた道でも危険です
アライグマ
野良アライグマとその糞には近づかないでください
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。