あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

じゃがいものポテトグリコアルカロイド

   

「じゃがいもの芽は毒があるので必ず取り除かないといけない」は家庭科の授業で習った気がしますが、まじめな生徒でなかったからだと思いますが、どんな毒かとか詳しいことが分かずに生きて来ました。主夫(実は兼業主夫してます)になってから、変わったじゃがいも(緑色)を見付けたりして、一度じゃがいもを調べようと重い腰を上げたのでした。

じゃがいもの毒は実際のところ何?

ジャガイモの毒はナス科の植物が虫から身を守るために作るステロイドアルカロイドの1種で、ソラニンとカコニンを合わせてポテトグリコアルカロイド(PGA)と呼ばれているそうです。

この毒の成分は、舌で苦みとかエグみとして感じられるそうです。

毒性は?

神経に作用する毒で、中毒を起こすと嘔吐、下痢、胃炎、頻脈、頭痛、目まい、眠気を起こします。大量に摂取すると昏睡状態になって、死亡する恐れもあるそうです。

中毒を起こす量は、

  • おとな:200~400mg
  • こども:20~40mg

おとなと比べて、こどもの感受性が高いため、注意しなければなりません。

含有量は?

皮:50mg/個(0.5mmまでにほとんどの毒が含まれている)

身:1.5mg/100g(成長度合いや種類によってバラつきがあるそうです)

含有量はそれほど高くはありませんので、普通に食べるには問題ありません。ただ、こどもは感受性が高いため、少量でも中毒を起こす場合があるそうですので、注意が必要です。特にこどもは皮を食べるのを止めた方が安全です。

じゃがいも取扱い上の注意点

じゃがいもなんて無意識に扱っていましたが、ちょっと注意をしなければならない点があるようです。

  • 光に当てない(緑色になった部分に毒が生成されます。ロウソク1本の光でも緑化するらしいので、ベストは冷蔵庫で遮光。)
  • 成熟していない小ぶりのいもは、緑化が早く進行するため、特に注意が必要(皮が薄く、破れやすいものも要注意)
  • 皮は0.5mm以上の厚さに剥く(毒は水に溶けるため、剥いた後水にさらすと表面の毒は流出します)
  • 伸びた芽はえぐり捨てる(くぼんだ目は問題ない)
  • 学校の菜園などで土寄せが不十分なものは毒を多く含む恐れがあるので、選別を厳しく行う必要がある(これを怠って食中毒が起きている)

ステーキなどと一緒に出てくるベイクドポテトの皮が香ばしくて大好きなんですけど、これからは食べるのを控えようかなと思ってしまいます。でも、結構な緑になっていない限りは中毒を起こす量の半分にも満たないのでこれからも食べるかも知れません。

自分はともかく、こどもには注意してあげたいと思います。

 - 健康, 生活, 育児, 食中毒, 食品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

水
防災 ペットボトルの水とお茶を買い置きしてみませんか
杖
転ばぬ先の杖の先ゴム交換
靴底
靴と畳は新しい方がいい
止まれ
セカンドハウス イオンモール京都五条店に車が突っ込む事故
ワニ
体長1メートルのワニガメ捕獲 浜松市南区中田島町
高温注意
電子体温計は電池が切れたら文鎮にもなりません
ヒートテック
寒がり女子さんへ ユニクロの最終兵器あります
鍋料理(スキヤキ)
有毒注意 エノキタケの生食は止めましょう
土壌
土の匂いはカビの臭い
ドナルド・トランプ
トランプ大統領誕生の気配 優勢が続く
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。