あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

毒毛虫は二度刺す

   

桜の木の下に黒くて小さなツブツブが増えてきました。日本の毒毛虫の代表格「イラガの幼虫」の糞です。

イラガは地方によって「オキクサン」「シバムシ」「キントキ」「デンキムシ」「オコゼ」「ジンジロ」と数十の呼び名がありますが、一番その特徴をよく言い表しているのが「デンキムシ」。刺されると電気が走ったような激痛が走るから。恐ろしい。。。

黒いツブツブは「近づくな危険」のサイン

桜の木の下の黒いツブツブはイラガの幼虫の糞なので、樹上にはかなりの数の毒毛虫がいるはずです。風で本体が落ちてくることもありますので、極力下を通るのは避けた方が安全です。あんなのが首に落ちてきたらと思うだけで、鳥肌がたちます。

秋に卵のような繭(まゆ)を作るまでは注意が必要です。

繭(まゆ)は毒棘爆弾

中にはイラガの幼虫がサナギになる時に脱ぎ捨てた毒棘が詰まっています。孵化した後の繭から風に飛ぶこともあれば、誤って繭を潰してしまうこともあり、いずれも酷い被害を受けます。幼虫を見なくなってからも注意が必要です。

特にこどもが繭を珍しがって木から剥がしてしまう場合がありますので、一度実物を前に危険性を説明してあげてください。僕はそれを知らずに繭を集めて、本当に酷い目に遭いました。両手、両足、顔、首、と服から出ている部分は全て刺され、数日間悶絶しました。あの痛みを味わうと、二度と触らないと思います。

毒針に刺された時の対処法

  • 毒棘をガムテープで抜きましょう(毒毛虫本体に刺された時は強烈に痛いので、こどもの患部にガムテープを貼って剥がすのも一苦労ですが、頑張ってください。)
  • 患部は抗ヒスタミンを含んだステロイド軟膏を塗ってください。(キンカンもおしっこも効きません。)
  • 棘が目に入った場合は、水で流して、絶対に擦らないでください。すみやかに眼科で診察を受けてください。

 - 健康, 危険生物, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

たまねぎ
べと病の流行で玉ねぎ価格が高騰中
リャマ
マチュピチュで転落死 自撮り中に足滑らせる
雷雲
学校の神・雷対応
サンマ
給食で食中毒 賞味期限5ヶ月過ぎたサンマ使用
アタマジラミ
こどもの頭の白い点がフケではなくてシラミでした
お弁当
腐敗した弁当の正しい処理方法
太陽
光線過敏症 湿布薬を貼って外に出る前に確認してください
アデノウイルス
はやり目(流行性角結膜膜炎)で失明の恐れあり
流行
Invoiceに要注意 国内でvvvウイルス攻撃が急増中
長刀鉾
祇園祭 巡行の可否は台風11号の進路次第
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。