あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

ぬいぐるみはダニのユートピア 愛着すればするほど大発生

      2016/07/16

こどもの健康を気づかって、オーガニックコットンのぬいぐるみを与えていても、そのぬいぐるみがダニまみれでは却ってこどもの健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

お子さんのぬいぐるみ、大丈夫ですか?

愛着の度合いが高いぬいぐるみはダニまみれ

こどもが、大好きで肌身離さず持っているお気に入りのぬいぐるみ。

何となく薄汚れている感じがしていて、洗おうとすると「おぼれちゃう」と言うこどもが可愛くて、どうしても洗えないという方も少なくないのでは。僕も昔はそうでした。

でも、そのぬいぐるみ、絶対に洗った方がいいですよ。

今の季節、間違いなくダニまみれです。

顕微鏡でじっくり見てしまうと、二度とぬいぐるみを触れなくなってしまうかも知れませんので、検証したりせずに、洗ってしまった方が色々な意味で安全です。

ぬいぐるみには、ダニが増殖する要素が全て揃ってます

ダニが増殖するには、

  • エサ(人のフケ・皮膚片・食べ物のカスなど)
  • 住む場所(繊維は最高!)
  • 高い温度
  • 高い湿度

が必要ですが、ぬいぐるみには全てが揃ってます。

布団の環境もダニには最適ですが、時々カバーが洗濯されたり、天気のいい日に干されたり、布団乾燥機で熱風を送られたり、死滅はしませんが、ダニにとっては比較的厳しい環境になることがあります。

一方ぬいぐるみは、こどもの寵愛を受け、ママの手荒な扱いを受けることもなく、環境は安定しています。

そしてなにより、常にこどもが肌身離さず持っていることで、大量の食料が供給されるので、ダニにとっては超高級住宅地、ダニのユートピアと言っても過言ではありません。

ぬいぐるみも定期的に洗いましょう

洗濯機で回すのはこどもから見れば大切なぬいぐるみが虐待されているように見えるのも理解できます。

ですから、洗うとすれば方法は2つ。

  • こどもがいない時に洗濯機で回す
  • こどもがいる時に「お風呂」と称して手洗い

お子さんの感受性に合わせて、どちらでもいいと思います。

ぬいぐるみにも、お子さんにも負荷が少ないのは勿論手洗いですが、忙しい家事の中でぬいぐるみだけを手洗いするのも大変ですから、保育園・小学校に行っている隙に洗濯機で回してしまうのもありだと思います。

ただ、洗った結果ぬいぐるみが小さくなったり、ゆがんでしまっては、お子さんとの関係悪化も考えられますので、洗えるぬいぐるみであっても、洗う場合はドライマークが付いた洗剤で洗う必要があります。

アクロンやエマールなど、スーパーで売っているものでOK。

 

 

洗剤の使用上の注意事項とぬいぐるみに付いたタグに書かれた洗濯時の注意事項(付いている場合)を良く読んで、洗いましょう。

綿の代わりにさくらんぼの種などが入ったぬいぐるみもあります。内臓(中身)の違いで洗う方法が指定されている場合がありますし、洗濯ができない(※余り無いと思いますが)場合もあるかも知れません。タグがない、薄れて読めないなどの場合は、購入店やメーカーに確認しましょう。

これはさくらんぼの種入りですが、洗濯可能です。

洗えないぬいぐるみは専門の業者に相談してください。くれぐれも「洗える」と書かれていないぬいぐるみは洗わないでください。

こんなんは絶対に洗ったらアカンやつです。

洗濯機のドライコースで洗う場合、ネット選びが肝です

ドライマーク付きの洗剤を使って、手洗いするのがベストですが、なかなかそこまで手間をかけていられない。

そんな時に、洗濯機のドライコースは本当に助かりますが、ぬいぐるみを洗う場合には注意が必要です。

衣類には問題ないドライコースであっても、ぬいぐるみの手足の付け根に強い負荷がかかって、痛めてしまう恐れがあります。

そこで、ネットを使う訳ですが、そのネット選びにも注意が必要です。

大きめのネットや筒型のネットを使うと中でぬいぐるみが自由に動いてしまい、手足の付け根を痛める恐れもあります。

そこで少し小さめのネットを使うのがお勧めです。

小さめのネットに入れた上で、上履きなど靴を洗うネットに入れて洗えば完璧です。

ぬいぐるみだけではなく、靴を洗うのにも使えますが、僕はどうしても靴を洗濯機では洗えません。スリッパ・ルームサンダル止まりです。

優しく干してあげてください

優しく洗ってあげたら、優しく干してあげてください。

ぬいぐるみ

いないとは思いますが、こんな干し方はしないでくださいね。

こんなハンガーとか

こんなハンガーで干してあげると、こどもがぬいぐるみの洗濯を嫌がらなくなりますよ。

「ハンモックみたいー」と洗濯することに前向きになってくれるかも。

因みに、我が家では、普通のネットに入れて、それをピンチハンガーで吊って、平干しっぽくして干しています。

こうやって洗っておけば、また安心して遊ぶことができますね。

 - グッズ, 保育園・幼稚園, 健康, 学校等, 安全, 屋内, 玩具, 生活, 育児

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

津波注意
津波の可能性 チリでM8.3の地震
撮影禁止
東福寺の通天橋と臥雲橋で撮影禁止中
MINDS UNDER CONSTRUCTION
岩手県四十四田ダムで女子高生2人が飛び降り
秘密
「秘密の質問」の回答、秘密にしてますか
JINSロゴ
JINSのウェブサイトが攻撃被害か
イチゴ
新鮮果物丸かじりで食中毒の可能性
杖
転ばぬ先の杖の耐用年数
オドメーター(総走行距離計)
二重車検による中古車の走行距離詐欺に注意しましょう
ためしてガッテン
ためしてガッテン・発毛
目の紫外線対策
こどもの目こそサングラスで保護しましょう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。