あんしん あんぜん はりねずみ

毎日を安心して安全に過ごしたい。そんな想いに役立つ情報をお届けします。

*

ミツバチを殺さないで 高田馬場で大量駆除事案

      2016/05/13

高田馬場でミツバチが大量駆除

5月11日昼前、東京都新宿区のJR高田馬場駅近くでビルの壁にミツバチが大量に集まっているのが発見されました。

ミツバチが集まっていたのは、みずほ銀行 高田馬場支店が入るビルの消火栓下です。

ミツバチ

この場所はJR山手線「高田馬場駅」に近く、人通りも非常に多い場所。

歩道に面し、みずほ銀行の宝くじ売り場の前でしたので、何らかの対策が必要だったとは思いますが、

スプレーなどを使って約2時間後に駆除

する必要はあったのでしょうか。

ケガ人は出なかったと報じられていますが、それは駆除したせいではなく、放置してもケガ人が出なかった可能性が大きいです。

通報を受けた以上は警察・消防も放置はできないでしょうから、ビニールシートなどで歩道と隔離すれば駆除は回避できたのではないかと思います。

今回のミツバチは分蜂(ぶんぽう)の最中でした

壁に集まっていたミツバチは、恐らく近くのビルの上にある養蜂場から分蜂(ぶんぽう)のために移動する最中のミツバチ達です。

ミツバチは、大きな巣でも一匹の女王バチしかいなくて、あとは多くの働きバチだけです。

その巣に新しい女王バチが生まれると、その親の女王バチは新しい女王ハチに巣を譲って、自分は働きバチを連れて新天地に向けて旅立ちます。

今回はその途中の休憩であって、あそこで巣を作ろうとした訳ではありません。

コンクリートジャングル(死語?)東京にも養蜂場があります。

銀座ミツバチプロジェクト

コロンバン 屋上養蜂場

のように、銀座や渋谷にも養蜂場があり、また個人で養蜂をしている人もいて、今回のミツバチ達はそれらから分蜂(ぶんぽう)してきたミツバチ達である可能性が濃厚です。

ニュースでは

ビル壁にびっしり…ハチ大量発生

と書かれていましたが、ミツバチは突如発生したりしません。

通報を受けた警察と消防が動いたようですが、できれば最寄りも養蜂場に連絡し、巣箱に戻す努力をして欲しかったと思います。

絶対に戻る保証はありませんが、分蜂(ぶんぽう)中のミツバチ達は巣を必死で探しています。

すぐ横に住みやすそうな巣箱を置かれれば、定着してくれる可能性は十分にあります。

虫の大量発生⇒スプレーで駆除

と全てを一緒に処理をしてしまわずに、益虫に対しては別の対処方法を検討して欲しいと思います。

現場で検討するのは難しいと思いますので、今後分蜂(ぶんぽう)中のミツバチに面した時にどうするのかを決めておくべきだと思います。

ミツバチは養蜂業者だけではなく、私たちの多くが恩恵を受けています

ミツバチは養蜂業者がはちみつを得るためだけではなく、果物や野菜の受粉を通して私たちも間接的にですが大きな恩恵を受けています。

そのミツバチを、危害を加えるリスクが低いにも関わらず、女王バチも含めて1000匹も駆除されてしまったのは残念です。

分蜂(ぶんぽう)の季節でもありますので、対策を急ぐ必要があります。

 - 健康, 動物, 安全, 生活, 育児

Comment

  1. Nhk より:

    そんなに 蜂が 惜しけりゃ
    お前が 取りに行け❗️
    無責任な 発言❗️❗️
    責任も取れないくせに
    お前の家の玄関で 起きる現象と
    都心部で起きる事象の リスク感覚を
    考えろ
    こんな 日本に 嫌気がさす
    鎖国中か ここは
    もっと 脅威な 周辺諸国に
    眼をむけろ❗️
    阿保

    • bengals より:

      ご意見、ありがとうございます。

      参考にさせて頂きます。

      それから僕は阿保ではないですよ。

      阿呆かも知れませんけどね。

  2. ook より:

    阿呆なのは、「分蜂」を知らないNhk。
    都会で起こるリスクって何?
    今回の件でミツバチに刺される確率より、自動車事故にあう確率の方がはるかに高いから、都内では自動車禁止だね。

    • bengals より:

      コメント、ありがとうございます。

      ミツバチは本当に刺さない蜂(※)なんですが、なかなか一般的に理解してもらえないのが残念ですね。

      ※人が攻撃をすると刺すこともありますが、それは仕方がないことだと思います。

  3. YAMAyasu より:

    >>周辺諸国
    ファッ!?
     イライラ社会日本終わり杉ダナ

    というのは置いといて、ずっと花の蜜を主食にする生物は植物の受粉に極めて重要な位置を担っています。蜂の減少による日本の不作は深刻です。分蜂通報情報に駆けつけて回収する機構がこの先必要になると思います。

    • bengals より:

      コメント頂き、ありがとうございます。

      僕が住んでいる辺りでも、蜜蜂の姿を見かけることが減りました。

      「蜂=アナフィラキシーショック」という怖いイメージが強くなってしまって、蜜蜂にどれほど日々の生活が支えられているかということが見過ごされがちになってしまっていることに危機感を感じます。

      蜜蜂はある意味「国の財産」ですから、

      >分蜂通報情報に駆けつけて回収する機構

      というのが実現して欲しいですね。

  4. 通りすがり より:

    何でもかんでも、殺さないで!
    ってのと意味が違うじゃん。

    分蜂の事も勿論だけど…どうせ
    ミツバチの生態も知らないんだろ

    阿保はお前だよNhk。恥を知れ。

    • bengals より:

      コメントいただき、ありがとうございます。

      今年はミツバチに関するニュースが少なかったように感じました。もしこれがミツバチへの理解が広がったことによって「ミツバチ発見⇒通報⇒駆除」という事案が減っていることの表れであれば嬉しいです。

      現在話題になっているヒアリはそもそも外来種ですし、日本で益虫になってくれる可能性もないので早急な駆除が必要だと思いますが、ミツバチ(セイヨウミツバチは外来種)は私たちの生活にとって重要な益虫ですので、誤って駆除されることがないように、生態への理解が更に広がることを願っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

祇園祭
祇園祭で冷やしきゅうりはNGです
コーヒー
カフェイン入り飲料で中毒死か 国内初
エスカレーター
岐阜県土岐市の大学生が盗撮容疑で逮捕
エチゾラム
うつ病判定簡易ツール
魚
つけもの食べて腸炎ビブリオ食中毒発症のなぜ?
ブラインドのヒモ以外の事故にも注意しましょう
ダメね
2歳児に喫煙させたカップル 暴力行為等処罰法違反で逮捕
駐車禁止
隣の車に当てられて傷付いた場合
感染防止
新型ノロウイルスも怖くない 最強予防方法
ムール貝
ムール貝を食べて記憶喪失
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。